新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

わたしがあかちゃんだったとき」 じいじ・ばあばの声

わたしがあかちゃんだったとき 作・絵:キャスリーン・アンホールト
訳:角野 栄子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1990年11月
ISBN:9784579403042
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,551
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な絵本です

    • ハルクンさん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 香川県

    赤ちゃんだったときのことを、ママに聞いているお話です。ママは、素直に、正直に、誠実に答えています。その親子の様子が、とても心温かくなります。生まれてきたことと、成長することの幸せに満ちていて、前向きになれる素敵な一冊です。

    投稿日:2019/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも赤ちゃん

    抱っこして牛乳を飲ませたり、抱っこしてお風呂に入れたりといつまでも赤ちゃんの孫がとても可愛いです。成長してないわけではないですが、ゆっくり、ゆっくりと日々成長する孫に毎日喜ぶを貰っています。
    日々たくさんの感動を貰っている私はとても幸せで感謝しています。「私があかちゃんだったとき」は、読む度に感激してしまいます。孫もきっとこの絵本の主人公のように、いろいろと質問してくれたときに答えてあげようと愉しみにしてます。絵が可愛くてとても見ているだけでも幸せな気持ちになれます。

    投稿日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット