たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。

パンやのくまさん」 みんなの声

パンやのくまさん 作:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
絵:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
訳:間崎 ルリ子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年5月30日
ISBN:9784834002126
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,866
みんなの声 総数 106
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

106件見つかりました

最初のページ 前の10件 7 8 9 10 11 次の10件 最後のページ
  • 選び抜かれた言葉たち

    • サラミさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子3歳

    最初のページは絵手紙のような雰囲気です。「あるところに、パンやのくまさんが、すんでいました。くまさんは、パンをうるみせと、くるまを1だいもっていました...」とセンテンスごとにちいさなさし絵が添えられて続くのですが、もうストーリーの大半はこの1ページでかかれているといってもいいような、本当にシンプルなお話です。
    このお話を最初に読んで感じた懐かしさは、子供のころ好きでよく読んでいたパディントンシリーズに、言葉の選び方が似ていたからかもしれません。「とくべつのタルト/とくべつのかん」「ほんしきのあさごはん」「あさいちばんのおちゃ」といったような、思い入れが伝わってくるような言葉たちが、私はとても好きです。
    リズムのいい擬音がくりかえされるところも効果的です。「パンのきじをどさっ どさっ どさっ!とこねます」と書いたあと、「どさっ どさっ どさっ!」とくりかえすことで、『あぁ、実際にいまやってるんだな』と感じることができます。絵は動きはしませんが、読んでいるほうにも、聞いているほうにも、想像する楽しさが広がります。この効果は車でパンを売りにいき、かねをがらん がらん がらん!と鳴らすという場面や、お金を数える場面でも同じように働いてくれています。
    しずかにくりかえされるくまさんの毎日。でも、それは決してつまらないさえない毎日ではなく、くまさんが自分の1日に対して出来る限りの礼儀を払って積み重ねられたものなんだなと思います。

    投稿日:2004/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕事をするとは、どういうことなのか

    くまさんがパン屋さんを営んでいますが、その一日を描いています。
    娘と一緒に読みました。
    平凡なパン屋さんの一日なのですが、「仕事をするとは、どういうことなのか」と子供に隠れて教えてくれている気がします。
    文量も2歳の娘にはちょうど良い感じがしました。
    娘は見やすい絵のせいかじっと見ていました。

    投稿日:2003/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまさんの絵が素敵!

    • まいこんぐさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    外国の作者の絵本らしく、絵のセンスが素晴らしいです。
    無表情ながらも愛らしく、ちょっぴり背中に哀愁さえ感じさせるくまさんの絵は子供より私の方が気に入ってしまいました。
    絵のかわいらしさとはうらはらに、物語は現実的なパン屋さんの一日をたんたんと語っていきます。
    本当にたんたんとしているので、3歳の娘が驚いたり、笑ったりするようなシーンはありませんが、娘はこの絵本がとても気に入った様子で、読み終わったあとはとても満足げです。
    割と短い絵本なので、簡単に読んでやれるので私も気に入っています。ほかのシリーズもぜひそろえたいですね。

    投稿日:2003/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル★

    • ムワノさん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 東京都

    フィービ&セルビ・ウォージントンのくまさんシリーズの一冊。
    町で働く可愛いパン屋のくまさんの生活が描かれています。パンを作ったり、店番、ワゴンで販売したりなどパン屋のくまさんの日常、パン屋の仕事、お客さんへの気配りなども描かれています。ちょっとパン屋になってみたくなる絵本です★

    投稿日:2002/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもはたらきもののくまさんです

    • かあぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    お店やさんのくまさんが主人公の小さな絵本です。他に、うえきやさんや、ゆうびんやさんなどのシリーズがあります。パン屋のくまさんの一日を描いた、かわいいお話しです。くまさんは、朝早く起きて、パンやケーキを作ります。焼きあがると、はんぶんを店に並べ、はんぶんは車に積んで通りに売りに行きます。それからまだまだ忙しい一日が続くのですが・・・。絵もかわいいし、お話しも長くないので2〜3歳くらいからでも楽しめると思いますよ。

    投稿日:2002/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまさん好きに

    パンやのくまさんの一日を描いた絵本です。絵がとってもかわいいので、うちのこのお気に入りでした。出てくるパンやお菓子もおいしそう。こんなパンやさんがあったらなと思います。くまさんが好きという子には特におすすめです。

    投稿日:2002/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

106件見つかりました

最初のページ 前の10件 7 8 9 10 11 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット