アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

パンやのくまさん」 みんなの声

パンやのくまさん 作:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
絵:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
訳:間崎 ルリ子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年5月30日
ISBN:9784834002126
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,864
みんなの声 総数 106
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

106件見つかりました

  • 穏やかな気持ちになれる

    何かストーリーが飛躍的に動くわけでもなく、ただまさに「パンやのくまさん」が描かれている絵本です。

    とにかくおっとりとした、穏やかな気持ちになれます。
    いろいろなおもしろい絵本が多い中、こういう絵本も大切ですね。

    投稿日:2013/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気分に

    教訓じみたものがなく、これぞ本を楽しめる作品です。くまさんの1日の仕事がわかります。普通のきちんとした生活でおもしろさはないのですが、それがこどもが安心して楽しめるポイントなんだと思います。毎日お仕事をしてごはんを食べて人とのつながりを大切にして・・普通の生活が幸せなんだと気分が優しくなる絵本です。

    投稿日:2013/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルで愛らしい

    3歳の娘と読みました。
    パン屋で働くくまさんの一日を丁寧に描いています。
    お話は淡々としていますが、くまさんが仕事のひとつひとつを大切にしているのが伝わってきて、読み終えた後は静かであたたかな充実感があります。
    こんなふうに毎日のささいな仕事や家事にも心をかけられたら、素敵な一日になるでしょうね。
    娘は細かいところまで丁寧に描かれた絵が気になるようで、毎回どこに何があるか集中して見ています。
    華やかではないけれど、ずっと手元に置いておきたくなる素朴で愛らしい絵本でした。

    投稿日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私と娘のお気に入り

    自分が小さかったころ、図書館で借りて大好きだった本です。当時ほしかったものの手に入らず、30年ほど過ぎて娘に買いました。

    買ってから一月、毎晩寝る前に読まされました。以来数ヶ月経っていますが、週に1度は読まされます。最近では、絵本の中に書かれた細かい点(オーブン、ほうき等)について「これは?」「これはなに?」と尋ねられます。丁寧に描かれている本です。

    くまさんが車で販売に行くときの「がらんがらんがらん、とかねがなります」が娘は好きで、その文章は自分で言っています。

    投稿日:2013/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    「パン屋のくまさん」の1日が描かれています。
    とってもシンプルで分かりやすい絵本です。
    パンが大好きな子どもたちは、パン屋さんの仕事に興味深々で聞いていました。
    お仕事の大変さ・楽しさなども理解できるので、他のシリーズも読んでみたくなりました。
    小さめサイズが読みやすいですね。

    投稿日:2012/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    4歳の娘と一緒に読みました。パン屋のくまさんが、朝早く起きてパンの準備をして、夜お店を閉めてベッドに付くまでのお話です。パン屋に限らず、お店をしている人がどういう生活をしているのかがちょっと分かる本です。お仕事について理解するのに良いなと思いました。またとても律儀で働き者で、お店をひとりで切り盛りしているくまさんの姿がとても良かったです。

    投稿日:2012/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地味だけど、惹かれる本です。

    本好きな友人がプレゼントしてくれた本です。
    パン屋のくまさんの日常を描いた本です。
    まじめに働く礼儀正しいくまさんの話。
    地味なのですが、娘はとっても好きです。

    一度読み始めると何度も読んでほしくなるようで、
    「もいっかい。もいっかい」と1度に3回は必ずよみます。

    1歳になった頃から読み始めたのですが、最初は、
    「がらん。がらん」と鐘を鳴らすところをマネを
    してました。2歳間近の今は、自分の覚えた言葉で
    いろいろと説明してくれます。

    くまさんがお金を数えるところでは、一緒に
    お金を数え、ありがとうございます。とおきゃくさんに
    挨拶をするところでは、一緒に挨拶しています。

    もらったお金を大事にするとか、
    お客さんに挨拶をするとか、当たり前のことが
    自然に伝わるのかもしれませんね。

    投稿日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鐘を鳴らして

     この、くまさんシリーズは、全部ていねいに描かれているので、じっくり楽しめます。働くことの大切さが、つたわってきます。
     くまさんは、ぬいぐるみみたいなのに、人はリアルな感じなのがおもしろいなと思いました。

     「暖炉の火で、マフィンをあぶり、きいちごのジャムをぬってたべました」とあります。イギリスらしい、ゆったりした時間が感じられます。
     鐘をならしてやってくるパンやさん、私の町にも来てほしいなと思いました。

    投稿日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • はたらきもの

    朝早くにおきてパンを作って、お店で売ったり、道で売ったり、とにかく働きもののくまさん。お店では小さい子にサービスしたり、お礼を言ったりと本当に一生懸命な姿が良かったです。こういう本は子供に何度も読んで聞かせてあげたい本です。最後はお金をかぞえて、夜ご飯を食べてベッドに行きます。淡々とした内容ですが、パン屋さんの事も良く分かったし、くまさんのひたむきな姿がとても良かったです。

    投稿日:2012/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン屋さんの一日

    くまさん、働き者ですねー。
    子供達の「なりたい職業」でも「パンやさん」は聞くので、このお話はちょうどいいかと思います。
    朝から晩までの、パンやさんの一日です。
    作って、売ってと、大忙しながらも、丁寧な挨拶や、子供へのサービスを欠かさないくまさんに、とても好感が持てました。

    投稿日:2012/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

106件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット