ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽん ぬにゅ〜ぽんぽんの試し読みができます!
作: ちかつたけお  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
子どもの想像力をはぐくむ、新感覚の絵本! 1・2・3さい向け

パンやのくまさん」 みんなの声

パンやのくまさん 作:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
絵:フィービー・ウォージントン セルビ・ウォージントン
訳:間崎 ルリ子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年5月30日
ISBN:9784834002126
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,866
みんなの声 総数 106
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

106件見つかりました

  • 良書

    • えほんじいさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    働き者のクマさんの1日のお話です。朝早くからおきてパンを作って配達して、ご飯を食べて、お金を数えて、寝る、ってただそれだけの淡々としたお話なのですが、ゆっくりと仕事や日常の出来事を、子供に教えるには良い本だなと思いました。くまさんが礼儀正しくてみんながくまさんのお店が大好きだ、という1文も気に入りました。

    投稿日:2011/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン屋の一日

    パン屋さんの一日。
    とても真面目なクマさんなので、
    つまみ食いをすることもなければ、
    アクシデントも起きません。
    一日は淡々と流れますが、それでも子供はこの絵本が好き。
    カラフルで甘そうなパンやケーキは見るだけで幸せな気分になるし、
    「お仕事」についても興味があるみたい。

    投稿日:2011/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンやさんの一日がわかるかわいい絵本です

    4か月の娘に読みました。4か月の娘には内容は難しかったと思いますが、カラフルな絵本だからか、ページをめくるたびに手足をバタバタさせて喜んでいました。
    パンやのくまさんが一日をどのように過ごしているかが描かれていて、仕事のあいまにごはんを食べたり、一日の売り上げを数えたりしているところに現実味があり、もう少し大きい子供に読み聞かせするとまたいい勉強になりそうだなぁと思いました。
    絵もこまかく描かれていて、たとえばところどころで時計が出てきて時刻を表していたり、パンやさんの中にはってあるポスターの文字まで書かれていたりと、たくさんの情報がつまっています。子供が大きくなったら、そういうところも読みこんで楽しめると思いました。

    投稿日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一日の終わりにぴったりです

    スリルも感動もない、パンやのくまさんのごくごく日常を
    朝から眠りにつくその時までをかわいらしい、絵で描いている、ただそれだけだけど、だからこそ、一日のしめくくりにはぴったり。一日が無事に平和に終わったことに、親子でありがたく思うことができるかも
    パンやケーキ、お菓子などの挿絵もしあわせ気分にさせてくれます。

    投稿日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン屋さんの一日

    パン屋さんの一日が描かれていました。
    とても興味を持って子供たちは読みました。

    どこのお店でもそうですが、挨拶をきちんとしてくれる
    お店ってとても気持ちのよいものです。
    さりげなくそんなところも描かれているのがよかったです。

    パン屋さんの仕事って毎日作るのと売るのと大変だねと
    話していました。

    投稿日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働くって素晴らしい

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子2歳

    2歳の子どもに読みました。

    パン屋のクマさんの単調な一日を描いたもの。
    くま、パン、お店屋さん、と子どもの好きな要素が沢山詰まっているので2歳の子でも楽しめました。

    また、親の私自身もこの本を小学生くらいの時に読んだのですが、そのくらいの年齢だと、愚直に自分の仕事を行うくまさんの姿勢に感動し、勤労することの素晴らしさを感じることもできました。
    何度もこの本を読んだことを覚えています。

    子どもはもちろん、大人でも十分に楽しめる一冊だと思います。

    投稿日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何となくクマ好きなわが子にベストマッチした絵本です。
    パン屋のくまさんの1日のお話です。

    くまさんは、早起きしてパンやパイやケーキを作ります。
    焼きあがったパンなどは、半分はお店、半分は車で売りに行くのです。配達もします。
    お店に来るひとは、礼儀正しくあいさつをする、くまさんが大好き。
    パンが全部売れると店じまい。
    明日の為に、しっかり目ざまし時計をかけてベッドへ。
    こうして、くまさんのいそがしい1日は終わります。。。

    椅子の上に立ちながらパン生地を作ったり、
    こどもが来ると特別の缶からキャンディーを出してくれたり、
    お金を数えながら、首から提げたかばんにしまったり、
    そんなくまさんの行動1つ1つがとっても魅力的!!
    わが子はパン生地をこねる「どさっ どさっ どさっ!」の音がお気に入りで、そのページを何度も読んでいました。

    「せきたんやのくまさん」「ゆうびんやのくまさん」「うえきやのくまさん」等、シリーズで何冊かあるので、合わせて読むのも楽しいですよ。

    投稿日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働き者!

    パンやのくまさんの一日が淡々と描かれています。特におちはありませんが、安心して読める内容です。

    くまさんは情熱を持って仕事をしていて、仕事の合間に起こる小さな出来事に幸せを感じているようです。お金を稼ぐことも大事ですね。毎日稼いだお金を数えてから寝るところも、嫌らしくなく描かれています。日常の労働はこういうものだということが子供にも感じられるのではないでしょうか。

    シリーズで主人公が色々な職業を紹介する点は、スモールさんシリーズも似ていますが、こちらの方が絵の雰囲気も内容も落ち着いていて好きです。

    2歳半の息子もすぐに気に入り、一度に3回は続けて読まされます。一番のお気に入りは、ケーキを焼くところでもゼリーをもらうところでもなく・・・、小麦粉に手を突っ込むところです。

    投稿日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの子は全員、好きでした。

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     パン屋のくまさんの一日が順番に語られていくお話です。途中、ハプニングが起きるわけでもなく、オチがあるわけでもなく…。話の単純さからして、小さい子供向けだと思いますが、「ほんしきのあさごはん」などは、少し言葉が難しいように思います。

     しかし、我が家の子どもたちは全員、この絵本が大好きでした。くまさんが一生懸命働いて、収入を得る、という真面目な暮らしぶりが、子どもたちに安心感を与えていたのでしょう。

     大人の目線では、くまさんって、家族はいないのかしら?私生活の匂いが全くしないけれど…。くまさんって、どんな気持ちなのかしら?と、色々なことを想像してしまいます。本当はとても奥の深い話なのかもしれません。

    投稿日:2010/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • パン屋さんのいちにち

    2歳8ヶ月の息子読んでやりました。あたたかいタッチの絵でくまのパン屋のいちにちがたんたんと綴られています。朝早くおきてパンを焼き、店とトラックで売る様子、お誕生日のケーキを配達する様子、勘定してまた翌日に備えて早寝する様子など、パン屋さんにあこがれている子にはとても喜ばれるかも。

    パン屋の仕事を知る機会があって、息子はちょっと感心している様子もありました。お仕事本というのでしょうか。まだちょっと早いかな?

    投稿日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

106件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット