しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しっぽのきらいなネコなかなかよいと思う みんなの声

しっぽのきらいなネコ 作:南部 和也
絵:いまきみち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784834020878
評価スコア 4.28
評価ランキング 15,622
みんなの声 総数 24
「しっぽのきらいなネコ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 不思議だね。

    あるところに黒いネコがいたのですが
    ある日、しっぽの先からどんどん黄色くなっていき・・・

    「花粉がついたのかな」と兄弟で話していましたが
    そうではないらしく、ちょっと不思議。って感じの
    絵本でした。
    子供たちはちょっと不思議で絵が可愛い本だと
    思っていると思います。
    私も初めて読んだ時はそう思いましたが、
    何度か読んでいるうちに、この絵本はもっと
    違うことが言いたいんじゃないかと思ったりして。
    これって他人との付き合い方かな?
    色々な見かたが出来る絵本です。

    投稿日:2009/02/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • いまきみちさん

    いまきみちさんの作品だったのでこの絵本を選びました。表紙の主人公の毛並みの描き方がとても素敵でした。黒い猫ながらも光に当てた時に濃い緑色や濃い青色が光る様子をとても良い表現できていてセンスを感じました。主人公のしっぽが自己主張をしている姿がとても愛らしかったです。“自分がしたいからする”姿が優雅で気に入りました。猫も尻尾も仲良くする場面に空気がほんわりと温かくなって私の心も温かくなりました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    投稿日:2008/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • いやなものとの付き合い方

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    【内容】ひょんなことからしっぽが黄色くなってしまった黒猫。こんなのいやだと思っているとしっぽも黒猫を嫌がってしまう。しかしふたつは身体でつながっているので避けようにも避けられない。しょうがないなぁ。

    ん?と思わせる題名に惹かれました。
    世の中にはどうしても気の合わないものがある。それが生き物であったり、生き物でなかったり。いやだけど仕方の無いことだってある。そんな時どうしよう。そうか、自分が変わってみたらどうかな。
    自分の考え方へのとらわれから一歩抜け出せ、仲間を共感できる。そんな作品です。
    当たり前のように目にしているものにあえて着目した作者の視点。なぜかと思えば作者は獣医さんでいらしたのですね。納得と同時に意外な着眼点が楽しい作品でした。

    投稿日:2007/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 相手の気持ちを考える

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    自分が黒いことをとても気に入っていた黒ネコは、急に黄色くなったしっぽを忌々しく思っていました。黄色いしっぽは黒ネコの言うことをまるで聞いてくれず、黒ネコは失敗ばかり。仲間のネコに頼んで黄色いしっぽに噛みついてもらったはいいが、あまりの痛さにしっぽも自分も悲鳴を上げ…。
    自分の体の一部がちゃんと意思を持ってる、という発想が面白いです。お互いの気持ちに寄り添えるようになったとき初めて分かり合えるのね。人と人との関係も同じだよ、という作者のメッセージを感じました。

    投稿日:2006/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • しっぽとけんか 仲直り

    どうしてこんなことになったのでしょう。
    とつぜんしっぽだけが黄色になった黒いネコが、
    黄色のしっぽと仲たがいをして、とても困ったことになってしまいました。
    本当に困ってから、お互いに、強力をしあう方がうまくゆくと言うことが
    わかったみたいですね。
    けがをしたときは、どうなることかと思いました。
    猫たちの絵がかわいいです。

    投稿日:2017/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 認め合う大切さ

    表紙のしっぽが黄色いネコが気になって読みました。
    突然しっぽが黄色くなってしまい、しっぽが嫌いなネコ。しっぽはしっぽで独立して意思を持っているけど、ネコとしっぽがお互いいがみあってるところが滑稽です・同じの身体なのにお互いを認めてないから、いろんなことがうまくできなくて、ついには他のネコに黄色いしっぽを噛んでとネコがお願いして…というストーリー。
    ラストではお互い認め合うようになって良かったです。

    投稿日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽと仲直り

    黄色いしっぽが嫌いな黒猫。

    しっぽはいつも自分勝手に動きます。

    しっぽをふりたいときにふれない、ふりたくないときにふるからおしっこが好きな猫にかかってしまう、ねずみをつかまえたいときに勝手に動いてねずみを追っ払うからつかまえられない、、、

    でも、友達にしっぽをかんでもらったら、お互い痛くて、なおったころには仲直り。

    自分の体はうまくつきあっていかないとね。

    投稿日:2015/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の紹介のところに、「異質なもの同士は共存できるのかをテーマに書いている」とありましたが、それだけではなく、自分の中のいやなところをどのように好きになっていくか…という、思春期にも通じるようなテーマを自分の中で感じました。
    ずっといやだと思っていた自分のきらいな部分を、最終的には好きになっていく猫の姿に、勇気をもらえると思います。

    投稿日:2013/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽ

    突然、しっぽが独立した存在になったら・・・想像もつかないことですが、この絵本のネコを見ると、かなり大変なことになっていますよね。
    何しろ、このしっぽは、かなりのワガママ・マイペースと見えます。
    「異質なもの同士は共存できるか」というテーマとのこと、深く納得しました。

    投稿日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい発想

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    ある日、黒猫の尻尾が黄色くなった。黄色い尻尾は人格(?)を持っていて、黒猫の体の一部でありながら、勝手ばかり。黒猫も黄しっぽもお互いギクシャクするばかり。そんなある日、しっぽが他の猫に噛まれてしまい、痛みを共有することに。するとどうでしょう、お互い歩み寄って、仲良しになれてしまうのです。
    これは、友達同士でもいえること。近くにいる友達、自分が相手を嫌だと思うと、相手も自分を嫌いになる。こっちが変われば相手も変わる。仲良く協力できたら、どんなに気持ちいい日々が待っていることだろう。
    今はまだ3歳の娘には複雑すぎるかな、単純に大好きな猫のお話として楽しんでいます。

    投稿日:2012/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット