宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ゆうたはともだち」 じいじ・ばあばの声

ゆうたはともだち 作・絵:きたやま ようこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1988年10月
ISBN:9784251000859
評価スコア 4.46
評価ランキング 8,367
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱり じんぺい すきです

    ゆたくんちのじんぺいいいなあ・・・・
    どの本読んでも、おもしろいです。自分中心でものを考えるところが魅力です。言いたい事だけを、明確に言うのが、印象に残ります。
        おまえ すぐ なく。
         
        おれ がまんする。

       
        おまえ なんでも すぐに きく。 
     
        おれ じぶんで かんがえる。


    じんぺい、いばりいぬだけあって りっぱです。
    恐そうに見えるけれど、かしこいいぬです。
    ゆうたくん、あんしんして、じんぺいに頼ればいいです。
    ゆうたくんを守ってくれそうだから・・・
    ゆたくんのいばりいぬシリーズもっと他のも、よみたいです。

    投稿日:2008/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもといぬ

    • ま〜くんさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 静岡県
    • 女の子28歳、男の子26歳

    夜寝ながら一緒に読むよ、もう3年も前からさ、自分で読めるのにじいちゃん読んで〜とさ。僕もいまではなじみになってるけど、始め じいちゃんこれ買って、といわれてなんてことなく買ったけどね、子供の感性はやっぱりちがうね。

    投稿日:2002/09/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット