ハロウィンのかくれんぼ ハロウィンのかくれんぼ
作: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ハロウィンのかくれんぼ

びゅんびゅんごまがまわったら」 パパの声

びゅんびゅんごまがまわったら 作:宮川 ひろ
絵:林 明子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年07月
ISBN:9784494006038
評価スコア 4.77
評価ランキング 565
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 校長先生の子ども心

    小学校で特定の授業を受け持たない校長先生の、一番の仕事は子どもたちとかかわることでしょうか。
    気難しい校長先生、腰の低い校長先生、優しいおじさんのような校長先生、あまり子どもの前に姿を見せない校長先生…。
    子どもたちから慕われる校長先生には何か技があります。
    子どもたちに親しみを持たれる校長先生には、子ども心があります。

    いろいろな校長先生を見てきて子どもと同じ視点で話ができる校長先生は最高です。
    少し意地悪で、あまのじゃくの新しい校長先生。
    子どもたちの遊び場を開放する条件がびゅんびゅん駒ですか。
    とても微笑ましいお話です。
    校長先生も自分の苦手をさらけ出していますしね。

    最近、野山が小学校のそばにあって遊び場になっている小学校は、きわめて少ないし、校長先生も子どもたちの安全を考えるあまり、ついつい管理的になってしまうような気がします。

    そう思うと、この校長先生のノビノビ感と、ちょっとひねくれた描き方が素晴らしいですね。
    昔懐かしい、遊びがいろいろ出てきました。

    投稿日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文句なしにオススメ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    林 明子さんが絵を描いていたので読んでみましたが、文句なしにオススメしたい作品でした。

    小学校を舞台にした物語です。
    運動場に続いて遊び場があるという設定なのですが、23区内では望めない羨ましい限りの環境です。
    強いて言えば、筑波大学付属小学校がこんなイメージでしょうか。
    木造校舎も、味わい深い趣を醸し出しています。

    お話の中心は、校長先生と小学生たちの心温まる交流を描いています。
    出入り禁止になった遊び場の開放条件として校長先生が出した課題が、びゅんびゅんごまを回すこと。
    次第にエスカレートして、4個同時っていうのには、思わず笑ってしまいました。

    最後には子供達から校長先生への宿題もあったりして、こんな小学校があったら、通わせたいと思う方も多いのではないでしょうか。
    昔懐かしい遊びもふんだんに登場するので、是非とも伝え読んで欲しい一冊です。
    読み聞かせよりも、小学校に入ったら自分で読むのに最適な絵本です。

    投稿日:2008/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作ってみたくなる!

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    校庭のとなりの遊び場でこうすけがケガをしたために遊び場に入れなくなった。新しい校長先生は、びゅんびゅんごまがまわせたら入っても良いよと言います。いじわるに思える校長先生ですが、びゅんびゅんごまをまわして遊んでいる子どもたちの声にご機嫌な様子。実は良い人なんじゃないか!
    小学校の読み聞かせで、小道具としてこまを用意して読むと効果的かもしれませんね。

    投稿日:2006/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい!!

    • ジョバンニさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    「びゅんびゅんごま」と聞いてピンッ!と来る人は少ないでしょう。私は遊びました。これを読んで懐かしくなり。捨てようとしていた段ボールを切って、「びゅんびゅんごま」を4つ作りました。子供も珍しがって一時遊びましたが、今は隅っこに転がっています。最近の子供には受けないのかな〜〜。トホホ。
    それにしても校長先生すごい。「びゅんびゅんごま」を足でやる!それに手も入れて合計4つ!!私もこんな技見たことありません。この本を読んでからチョット奮起して練習しているのですが、足と手に1つ加えるのが私の限界のようです。
    さて、そんな高度な技を会得したら、遊び場の扉は開かれるのでしょうか?
    しかめっ面の校長先生と子供たちのふれあいを、「びゅんびゅんごま」を通して描いた、チョット懐かしい気分にさせる作品です。
    子供への読み聞かせは少し大きくなってからが良いと思います。正直なところ家の子は飽きてしまいました(それで1点減点です)。子供よりも「びゅんびゅんごま」を知っているパパやママにお勧め。

    投稿日:2003/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しずくのぼうけん / ほんとうのことを いってもいいの? / たいせつなきみ / オニじゃないよ おにぎりだよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット