ぼくは くまですよ ぼくは くまですよ
作: フランク・タシュリン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
深く、広く考えるって、とっても大切!

ようちえんのいちにち」 みんなの声

ようちえんのいちにち 作:おか しゅうぞう
絵:ふじた ひおこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784333021277
評価スコア 4.3
評価ランキング 15,159
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

59件見つかりました

  • 幼稚園を夢みて期待に胸ふくらむ一冊

    本屋さんで、手に取ったこの本を試しにと…娘に読んであげていたら、
    知らぬ間に、たまたま近くにいた子供まで、寄って来て聴き入って
    いました。
    楽しい幼稚園での様子が、やさしいタッチで、細やかに描かれ、
    子供が楽しくわくわくしながら、幼稚園の様子をイメージできます。
    来年幼稚園に入る娘も、すぐに気に入りました。
    幼稚園に入ったら、こんなことするんだぁ〜と期待を胸に、
    これから通う幼稚園をいっそう楽しみにしてくれる一冊です。

    投稿日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園が待ち遠しい

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    題名の通り、幼稚園の1日の風景を描いた絵本。
    来年、入園する娘に読んであげたら幼稚園に行くのが待ち遠しくて「早く行きたい!」とワクワクしています。
    お外遊びや工作、お弁当にゴッコ遊びと内容が盛りだくさんで、とても楽しく描かれているので、これから幼稚園へいくお子様には、かなりお勧めできる絵本だと思いますよ。

    投稿日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園での様子

    我が子の幼稚園には園バスがないので通園はもっぱら徒歩や自転車。そんなちょっとした違いはあるものの、園での生活はおおむね同じ。
    くまのこようちえんの皆が楽しそうに遊んだりするのを娘は真剣に見入っていました。
    お当番をする園児の様子を見ながら
    「うちの幼稚園ではそんな風には言わなくてね、こんな風に言うんだよ」と娘の園のお当番さんのセリフを披露してくれたり。
    娘の園での生活がもっと詳しく分かったきがして私も嬉しかったです。
    歯が抜けた子も登場して乳歯が抜けたばかりの娘には親近感があったみたいです。

    投稿日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい!入園前にぜひ読んで!

    娘がもうじき入園なので読んでみました。
    幼稚園に関連する本を何冊か読んだ中で私も娘も一番気に入った本です。
    その理由は、娘の幼稚園環境と似ていてとてもリアルに内容を理解できたからです。
    幼稚園バスにはじまり、朝の挨拶やお弁当、外遊びなど、幼稚園の普通のいちにちをとてもわかりやすくまとめてありました。
    娘は入園前に、幼稚園のプレ保育に通っていたので、挨拶の場面では実際に幼稚園で歌う挨拶の歌をうたってみたり、お弁当の場面ではプレ保育のときに歌ったお弁当の歌を歌ってみたりしながら楽しく読み進みました。
    娘も「あ、これ○○幼稚園とおんなじだ!」とか言いながら最後まで興奮気味で目を輝かせて読んでいました。
    おかげで「早く幼稚園いきた〜い」という気持ちになっています。

    投稿日:2008/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく描かれている

    想像しやすい細々とした所もちゃんとしている絵本です。
    バスに乗って帰ってくれるまで本当によく描かれています。
    子供の絵も自分の子供と重なるような
    可愛い絵です。子供らしい体型とかよく描かれています
    内容も事件が起こるわけでもなく
    園生活の中で日頃あるようなことです。
    入園間近だったので読んで上げて正解でした。
    年中、年長さんでも園生活を振り返る感じでいいと思います。

    投稿日:2008/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園は楽しいね

    幼稚園が大好きな娘にとって、幼稚園の一日の様子が描かれたこの絵本はとても楽しいようです。

    あかりちゃんは娘と同じ年中さん。弟が生まれたのも一緒。
    お誕生日会やお当番さんなどなど、娘にとってはとても身近に感じられるのでしょう。
    ちょっと長めのお話ですが、一人で何度も読んでいます。

    幼稚園での生活がなかなか詳しく描かれているので、入園前はもちろんですが、実際に幼稚園に通いだすとより楽しめると思います。

    投稿日:2008/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園前でも卒園してからでも楽しめる一冊

    我が家は入園前に買いました。

    「ようちえんってどんなところ?」
    「おともだちってどんなかな?」など
    素朴に聞いてくる我が子にとても分かりやすく、そして
    楽しく説明してお話しする事が出来ました。

    そんな娘もこの春卒園を迎えます。
    この絵本のように楽しく園生活を過ごせたんじゃないかなぁと思います。

    余談ですが娘の名がこの本の主人公の「あかりちゃん」と同じだったのが一番良かったのかもしれません^^
    これで弟の名が「かいくん」じゃなく「こうくん」だったらバッチリだったのになぁ・・・(笑)

    投稿日:2008/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • とうとう購入しました。

     「いちねんせいのいちにち」を先に読んでいたのですが、これが本当に毎日繰り返し読んでいて、こんなに好きなら「ようちえんのいちにち」も大好きだろうと思い購入しました。自分と同じ幼稚園の子どもたちが描かれているので、親近感をもっているのか毎回続けて2回読んでいます。

     幼稚園にバスで行き、園での様子・遊びなど幼稚園での生活がつまっているので、これから幼稚園に入ろうとするお子さんから楽しんで読めると思います。絵がすごく明るくて、読みやすいです。

    投稿日:2008/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 下の娘もお気に入りの絵本

    幼稚園の一日が朝から帰りまで、詳しく書かれている絵本です。今幼稚園に行ってるいる娘も気に入り当番活動いっしょやーとか園庭遊び、お弁当などの時間、お誕生会の様子迄興味津々で見ています。とっても長いお話ですが、親の私もこのように毎日幼稚園で娘がすごしているんだーと思いながら読んでいます。まだ幼稚園にも行っていない下の子もおねえちゃんが幼稚園に行っているのをうらやましく思っているのでもちろん真剣に絵本を見ています。入園前や実際幼稚園に行っている方にもお勧めの絵本だと思います。

    投稿日:2007/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で会話が弾みました。

    ちょうど幼稚園でお誕生日会のあった日に読みました。息子は幼稚園であったことを引きづらないタイプらしく、幼稚園であったことをなかなか話してくれないのですが、この絵本を読みながら

    「お誕生日会の時にはくびかざりをもらえるの?」とか「年長さんになったから、『おみせやさんごっこ』の時はお店屋さんになるんだね」とか、園での様子をいろいろと話してくれました。

    入園前に読むとちょうどよかったのかもしれませんが、年長児になった現在読んでも、子どもにとっては身近な日常の生活という感じで興味を示していました。

    読みながら、子どもといろいろとお話できたのが親としては嬉しかったです。「いちねんせいのいちにち」という絵本もあるようなので、来年1年生の息子と一緒に読みたいと思いました。

    投稿日:2007/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

59件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット