新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

くまとりすのおやつ」 みんなの声

くまとりすのおやつ 作:きしだ えりこ
絵:ほりうち せいいち ほりうち もみこ
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784834023145
評価スコア 4.3
評価ランキング 17,230
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 赤の絵本

    相変わらず堀内誠一さんの本を読み続けています。

    岸田衿子さんとのこコンビのこの絵本は『かにこちゃん』や『おにまるのヘリコプター』と共に赤の絵本として作られたようです。

    この三冊比較してみても、同じ作者の絵とは思えないほど、お話によってつくられてる絵が違います。

    この絵本は、ちぎり絵のようで、きざきざとした面が暖かい感じに仕上がっています。

    もみこさんの名前もあるので、親子で一緒に作られたのでしょうか?

    くまとりすが木いちごつみに一緒に行きます。大きいくまと小さいりすの対照が子どもにとってはおもしろいのではないでしょうか。

    岸田さんの文章も詩的で、言葉の響きもいいです。

    赤ちゃん絵本の次の本としても覚えておくとよさそうな絵本です。

    投稿日:2011/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 紙質がとても素敵に出ています。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    この絵本は切り絵で描かれているようです。それがすごくいい感じで物語を引き立ててくれていました。
    切り絵の紙質が和紙か、障子紙を使っているのだと思います。くまやりすの絵が全体的にふわっとして、優しい感じが出ていました。

    言葉の繰り返しもリズム良く、くまとりすのやり取りが微笑ましく見えました。
    「こどものとも年少版」で出た作品なので、3,4歳くらいのお子さんから、5,6歳くらいのお子さんにいかがでしょうか?

    投稿日:2011/07/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぽちんぽちん

    絵本の赤色に惹かれて手に取りました。
    ぐりとぐらの作者、岸田衿子さんの文章と堀内誠一さんの絵だなんて、とても贅沢ですね。
    「きいちご ぽちんぽちん なっているか なってるよ」
    「すっぱいか あまいだろ」
    セリフがなんとも心地よいです。
    そして、ちぎり絵のイラストも、温かくていいですね。
    のんびりした気持ちになれました。

    投稿日:2020/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのしている絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    くまとリスがきいちごを摘みに行く、ただそれだけ。
    でもなんだかあったかくて、ほのぼのとした気持ちになります。
    絵の雰囲気があたたかいからかな?
    手で紙をちぎって作ったのかな?というと、そこに興味を抱いていました。

    投稿日:2018/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暖かくなる絵

    6歳次女に読みました。くまとりすがきいちご摘みに行くお話です。くまさんは大きなかごに、りすさんはちいさなかごに1粒。とーっても可愛いんです。帰りはくまさんのかごに、りすさんが乗っかって帰ります。

    この絵本、ちぎり絵で描かれています。「どうやってちぎったんだろう?すごいねー」と親子で感動しながら読みました。

    投稿日:2016/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっしょがいいね

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     何ごとにつけ、いつもいっしょの
    おっきなくまと、ちっちゃなりす。
    おやつの木いちごを見つけたのも、
    それを詰みに出かけるのも、出かける格好も、
    木いちごを食べるときも場所も、お昼寝も…。
    ふたりですると、安心なのかなー?
    それを「なかよし」って言うのでしょ?

     ちぎり絵のフワッフワッ感、目にやさしい構成、
    すぐなかよしになれる、えほんです。
    感謝

    投稿日:2015/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子作りかと思っていた・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    絵本の題名と表紙の絵から、なぜか二人でおやつ作りをするもんだと
    てっきり思っていた私。

    どうやら娘もそう思っていたようで、
    「おやつはケーキかな?」なぁんて言っていて、
    それが実はきいちごだと知りかなり意表をつかれた私たちでした。

    おやつ、つくるんじゃないのかぁ。

    ちょっとがっかりした私たちでしたが、
    それでも「ちいさいからね。」「おおきいからね。」と
    やさしく語りかけてくれる絵本に、うっとり。

    ページに描かれた可愛らしい木苺も、
    思わず指でつまんで、パクリ!

    期待していた中身ではなかったけれど、
    それでも十分、とっても楽しませてもらえた一冊でした!

    投稿日:2015/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな小さな子向け

    お話の内容,文の長さ,から言って小さな小さな子向けの絵本だと感じました。
    我が家の4歳幼稚園年少さんの娘には物足りなく,さほど興味を示しませんでした。
    ただ,読み聞かせではなく自分で読むには幼稚園児にはちょうどいい長さかも知れませんね。
    ストーリーも,りすさんは苺1個で満足/くまさんはたくさんの苺,といったものなので,やはり小さな小さな1〜2歳の向けの絵本でしょうか。
    小さなお子さんに安心して読み聞かせできる絵本ですね!

    投稿日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心して読める

    きしだえりこさんとほりうちせいいちさんの黄金コンビの絵本。
    やはりこの著者たちの絵本は安心して、落ち着いて読み聞かせることができます。
    日本語のリズムが穏やかですし、きれいです。
    子どもには美しいものに触れてほしいという思いがあるので、こういった絵本はこれからもどんどん読んであげたいです。

    投稿日:2014/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちぎり絵

     クマとリスが、きいちごを摘みにでかけます。
     クマはたくさんつんで、ぱくぱく食べます。リスはひとつだけ。クマとリス、それぞれたべている様子が楽しいです。

     切り絵のクマとリスは、ふわふわの毛の感じがでていておもしろいなと思いました。
     リズム感のあるやさしい文章もここちよかったです。
     ほんわかリラックスできる絵本でした。

    投稿日:2014/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット