ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

しりたがりやのこいぬとみつばちなかなかよいと思う みんなの声

しりたがりやのこいぬとみつばち 作:ヘルツィーコバー
絵:ズデネック・ミレル
訳:千野 栄一
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1974年
ISBN:9784033281506
評価スコア 4.42
評価ランキング 11,250
みんなの声 総数 11
「しりたがりやのこいぬとみつばち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外に詳しく解説

    同じシリーズの「しりたがりやのこいぬとおひさま」がとてもかわいくて楽しいお話だったので、こちらも読みたいと思いました。
    今回は、ミツバチがどのように蜂蜜をつくるかが語られます。
    意外にも、きちんと詳しく解説されていました。
    ミツバチさんの苦労がわかって、反省するこいぬが可愛かったです。

    投稿日:2020/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミツバチについて

    3歳11ヶ月の息子に図書館で借りました。
    クルテクが大好きな息子に、ミレルさんの絵を見せたくて。
    やはり、絵がかわいい。

    これはミツバチの話。
    少し蜜箸の生態についても説明がなされています。
    刺されちゃったけれど、最後はねずみから巣を守って、
    蜂蜜をハチたちからもらったのね。

    息子は興味深かったようで、かなり集中して聞いていました。

    投稿日:2015/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みつばちというもの

    みつばち・・・こわいというイメージがかなりあります。

    プーさんのお話でも甘い蜜をとりに行くと

    あとから蜂の軍団がブーーンと飛んでくる。

    このお話もそんなシーンがでてきて、うわーっと思いました。

    絵がかわいくかかれているので、それほどではありませんが

    はちがどういった生き物なのかがよくわかる絵本だと

    思います。

    投稿日:2014/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蜂蜜の作り方・・・

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。こいぬが散歩をしていると、忙しそうにしている蜂を発見、くっついていくと蜂蜜を集めて作っている最中。それを食べようとして、ひどい目にあいます。でも、作ることがどれだけ大変か、貴重なものかを理解したこいぬは、ねずみから蜂蜜を守ります。そしてそのお礼に蜂蜜をもらうことができます。蜂蜜の作り方がよく描かれているとは思いますが、少々くどいというか、展開の仕方がやや長すぎるというか、なにがテーマなのか焦点が絞られていないように感じました。子供には集中が続かず、途中であきられてしまいましたね。蜂蜜のことを知る上ではいいとは思いますが・・・。

    投稿日:2012/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 話の展開にちょっと難あり

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1970年のチェコの作品。
    「しりたがりやのこいぬ」は、シリーズになっており、その中の一冊。
    絵を、「もぐらとずぼん」「もぐらとじどうしゃ」のズデネック・ミレルが描いています。

    物語は、こいぬがみつばちを追い駆けて、巣箱の前で見失うシーンから始まります。
    こいぬのしりたがりやの性分から、巣箱の鍵を外して中に入り込みます。
    巣板についた蜜を発見し、夢中になって食べてしまうのですが、みつばちに見つかり逆に追い駆けられ、こいぬは体中刺されてしまいます。

    その夜、何故か夢の中にみつばちが登場し、蜜を集めるのにどれだけみつばちが苦労するのかを知り、こいぬは刺された理由を知るのです。
    その後、こいぬは、みつばちを助けて、和解して終わるのですが、ちょっと話の展開に無理がある感がありました。
    そもそも、こいぬも蜜泥棒だった訳で、それが他の動物から蜜を守ったとしても、その差異って何?と思えたからです。

    ストーリーは未だしも、何と言っても、ズデネック・ミレルの絵が素適です。
    クッキリとした輪郭で描く絵は、小さい子供でも認識し易いのではないでしょうか。
    それに加えて、今回登場のみつばち。
    大きな目が可愛らしく、日本ではお目にかかれないキャラクターです。
    足が4本しかないのは、困りものですが。

    「しりたがりやのこいぬ」シリーズ全般にいえることですが、絵が4コマあって、まん中に文章がある構成は、特にお子さんにとって分かり難いもの。
    もう少し、工夫が欲しいところです。

    とは言え、ミレルの絵は、見るものを虜にするのは間違いなく、オススメします。

    投稿日:2011/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット