虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

どうぞのいす」 その他の方の声

どうぞのいす 作:香山 美子
絵:柿本 幸造
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1981年11月
ISBN:9784893252500
評価スコア 4.75
評価ランキング 702
みんなの声 総数 394
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • みんなあったかいね

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    ウサギさんの作った「どうぞのいす」に、ろばさんがどんぐりの入ったかごを置いて昼寝してしまいます
    その間に、訪れる動物たちによって置いてあるものが、次々と変わります
    それは次の誰かに対する思いやりからでした
    子供に取ったら、置いてあるものが、変わっていく様子が楽しいらしく、「次はだれが、何をもってくるんだろうね」などどつぶやいてます
    やっと目覚めたロバさんに、今までの出来事をつい教えたくなるような、ほのぼのとした絵本です
    ぜひ親子で語りながら読んでいただきたいです

    投稿日:2008/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • うさぎさんは、いすを作りました。
    釘やとんかち のこぎり なかなかリアルな描き方で、ものを作る楽しさがよく出てますね!
    しっぽをつけたのが、ユニークで〜す

    どうぞ の いす 

    つぎつぎに やってくるの ろばは、どうぞのいすをみて、「なんてしんせつないすだろう。」

    くまさんは、どんぐり食べて、「からっぽにして あとのひとに おきのどく」
    はちみつのビン 置いておくの・・・
     
    この 「あと人のこと考える、 気持ちが大切! どうしたら こんな気持ちが素直に出てくるのかな?

    きつねも りすも みんな 人のこと考えるの、
    みんな やさしいね!

    この優しさがあれば、争いごとは起こらないかも、でも人間は自分のこと考えて、欲が出る、それで 争いごと起こるのかな?

    子どもたちに 優しさを伝えるとき、大人も 優しくなりたいね!

    この絵本が教えてくれました。

    ピュアなこども心を うらぎらないように!

    投稿日:2007/08/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心暖まる絵本

    タイトルを読んで「なんだろう?」と思い、手に取りました。

     いろいろな動物たちが出てきて、みんな食いしん坊だけど思いやりがあるのがいいです。

    くまが食べてしまったドングリの代わりに蜂蜜を置いていくところはスムーズに読めるのですが、どうしてキツネはパンなんでしょうね?ちょっと不思議です。

    のんびりしていてやさしく、ユーモアのあるお話。

    ちょっぴり「わらしべ長者」みたいなところがありますね。

    レビューを読んでいると、このお話を学芸会に使った学校があったとか。ぴったりです。

    先生のセンスを感じます。

    投稿日:2006/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い出の一冊

    • モトラさん
    • 20代
    • その他の方
    • 静岡県

    ただいま、25歳の私ですが、記憶に残っている絵本で一番印象に残っているのがこの「どうぞのいす」でした。表紙の絵も確か、ウサギさんが木のイスに座っているような…と思い検索してみたらロングセラーとなっていてびっくりしました。
     私の母親が5,6才の時に読んでくれた印象が強く残っていて、母親も今でも覚えている一冊だと思います。ちなみに、今でも、押入れの片隅ですが、絵本を何冊か保管しています。子供の思い出となる物は大切にしてあげてくださいね。

    投稿日:2003/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読む側も温かい気持ちになります

     ほのぼのとした絵とほのぼのとした文章で話が進みます。文字もそれほど多くなく、色々なキャラクターが出てきて子どもも飽きずに楽しみます。
     どうして椅子においてあるものが変わったのか、などを一緒に考えながら読むのも楽しいです。今では、お昼寝の前に、自宅の「どうぞのいす」に何かをおいて、目が覚めたら何に変わっているのか見るのが楽しいようです。ろばさんと一緒ですね。分量的にも内容的にもおすすめです。

    投稿日:2017/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • それでいい

    うさぎさんが作った、どうぞのいす。
    次々と色んな動物がやって来て、次の誰かに思いやりを残していくんですが…

    「結末が納得いかない。なんでうさぎさんには思いやりが返ってこないの?」という人がいました。
    その時、“見返りを求めてはいけない”という、母の言葉を思い出しました。

    私はこの結末、いいと思います。
    自分の知らないところで、誰かがうれしかったり喜んでくれたら、それで満足。
    自分がそうしてあげたいと思うなら、それでいいじゃない。

    それって色んな場面で、とても重要な事だと思います。

    「どうぞ」という言葉に込められているこの気持ちを、ずっと大切にしていきたいなと思いました。

    周りを思いやる事の心地よさを描いた、素晴らしい絵本でした。

    投稿日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「どうぞ」は素敵なこと。 受賞レビュー

    ちいさな頃から大好きな絵本「どうぞのいす」。
    かわいい動物さんたちと、おいしそうな食べ物に夢中になったりして。

    柿本先生の描く動物さんたちは、可愛く擬人化された中にも
    動物さんらしさものこる素晴らしいものです。
    どんぐりを豪快に食べるくまさん。
    どこかキョロキョロ周りを気にしているような顔もしながら、はちみつをなめるきつねさん。やきたてのぱんを1本持ち帰るのも、なんだかきつねさんらしい?
    みんなあつまって賑やかにやきたてぱんを分けるりすさんたち。
    ここで、青い小鳥さんもはじめて一緒に食べている姿がなんともかわいいです。
    もしかしたら、くまさんやきつねさんが食べているところに
    なかなか近付いていなかった理由が?
    そこに動物さんらしさがあったりして・・・そんな想像も巡らせます。

    「どうぞのいす」を作ったうさぎさんから始まり、
    自分のことだけではなく相手のことを想う優しさがつながっていく「どうぞのいす」には、相手の想いも一緒にいただくから、なおおいしい。

    「どうぞ」をしたほうも、「どうぞ」をしてもらったほうも、
    なんだか気持ちよくて嬉しくて。
    「どうぞ」は、こころあったかく笑顔になる素敵なこと。

    香山先生の紡ぐ、優しくリズミカルな楽しい言葉と、
    柿本先生の描く、可愛くあたたかな絵が、
    こころ豊かにしてくれる素敵な絵本です。

    投稿日:2015/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 終わり良ければすべてよし!

    うさぎさんがとってもかわいいイスを作ったので、「どうぞのいす」という札と一緒に大きな木の近くに置きました。

    すると、ロバさんがどんぐりをたくさんかついでやってきて、疲れていたのでありがたいといってどんぐりが入ったかごをいすに置いて、木の下でお昼寝してしまいます。

    すると。。。次にやってきた動物が「どうぞのいす」ということで、どんぐりをもらっていいのかと勘違いしてしまいます。
    ありゃーロバさん、起きて!!と思ったら、とてもやさしいその動物は代わりのものを置いていきます。

    そのような調子で、次から次に動物たちがやってきては、イスにのっているものを頂くのですが、もらうだけでは悪いといって、律儀に持っているものを代わりに置いていくのです。

    そうして、お昼寝から起きたロバさんは、どんぐりが栗に変わっているのをみて、ちょっとびっくりしますが、栗もいいかと納得して帰っていきます。

    途中で、ひとりでも「もらうだけでは申し訳ない」と思ってくれなかったら、連鎖が途切れるところでした。

    みんなの優しさや思いやりのお陰で、ロバさんが泣かずに済みました。

    本当によかった、よかった!!

    投稿日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  •  日本語の素晴らしさ、日本人の優しさが出た作品ではないかと感じます。
     「どうぞ」という言葉は他の言葉にはない、他の言葉では上手く表現することができない、素晴らしい日本語だと感じます。言われて凄く嬉しく感じる魔法の様な言葉ではないかと感じます。
     そうして、「うさぎさん」の行動は、日本人の優しさを凄く表しており、こういう優しさこそが日本が世界に誇れることではないかと感じます。
     だからこそ、この本は、面白さや楽しさだけでなく、日本人としてのあり方を示している様な感じがします。是非とも多くの方が読み、日本人としての優しさを再認識して欲しいものです。
     キャラクターの絵も可愛らしく、凄くお勧めです。

    投稿日:2015/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵本です

    思いやり、日本人には忘れないでいて欲しいこの感情をしっかりと分かりやすく表現してくれている素晴らしい絵本だと思います。とても優しい絵と、優しい内容で表現されていますが、内容はしっかりと思いやる気持ちを大切に書かれていてとても素晴らしいです。ちょっとした絵本のプレゼントを考えている時にはこの絵本なら絶対に喜んでもらえること間違いなしです。

    投稿日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちびくろ・さんぼ / いっきょく いきまぁす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット