サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

よるくま クリスマスのまえのよる」 じいじ・ばあばの声

よるくま クリスマスのまえのよる 作:酒井 駒子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784592760894
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,808
みんなの声 総数 139
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幻想的なイブの夜

    絵がとてもきれいでかわいいです。
    楽しさいっぱいのクリスマスの絵本とは少し違って
    なんだか哀愁を感じてしまいます。
    この子は、プレゼントが来ないかもしれないと不安な気持ちで
    イブを迎えます。
    お母さんにいっぱい叱られていい子じゃないと思っている男の子は
    不安定で寂しそうです。
    だからよるくまがやってきたのでしょうか。
    一緒に乗ったおもちゃの飛行機。
    よるくまはお母さんのところへ、帰ってゆき、抱っこされます。
    これも男の子の強い願望なのだろうなと思いました。

    投稿日:2016/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス

    今年のクリスマスは、我が家にも待望の男の子がやってくるので、とてもその日を今か、今かと楽しみにしています。「よるくま クリスマスのまえのよる」を姉と兄になる二人の孫にこの絵本を読んであげて、沢山の「ぎゅう!ぎゅう!」をしてあげようと思いました。よるくまのやさしさや愛らしさ、男の子の素直さ、優しさをいっぱい持っている二人の孫に、不安にならないようにいっぱい、いっぱい愛情を注ぎたいと思いました。読んでいて優しさやあったかさが伝わってきて胸がいっぱいになれるこの絵本は、日ごろ一生懸命に子育てしているお母さんにお薦めの絵本です。

    投稿日:2014/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット