話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに 作:星川ひろ子
写真:星川 ひろ子 星川 治雄
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:1997年
ISBN:9784097272236
評価スコア 4.22
評価ランキング 21,663
みんなの声 総数 8
「ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんて素敵な家族

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子9歳、女の子7歳

    時々気を失って、手足をバタバタする僕のお兄ちゃん。ブランコが大好きで、ず〜っと笑いっぱなし。ちょっとかわったお兄ちゃんだけど、そんな兄を見守り、兄を見習いたいと尊敬の目で兄をとらえることができる、本当に素敵な弟の目からみた家族のお話。写真では、どの写真も笑顔がいっぱいで幸せが伝わってきます。もちろん、苦しいこともやるせないこともあるだろうけれど、あぁ素敵な家族だなって、心があたたかくなりました。

    投稿日:2020/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 障害のお話

    この絵本の主人公は障害を持った男の子でした。うちの子は障害と言ってもまだピンとくる感じではなかったのですが、絵本を聞きながらこんな人もいるのかってだんだん理解していました。この絵本を通して人を差別しない人になってくれたらって思いました。

    投稿日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館で泣いていました。

     兄弟姉妹ひとりっこの本を探していて、たまたま出会った本でした。

     写真と文は、とってもあったかで、
    読んでいて微笑みがたえませんでした。
    でも、最後の星川さんのあとがきを読んでいると、
    鼻がツーンとしてきて、涙がポトポト落ちてきました。
    図書館の絵本コーナーで、泣いていました。

     誰かを感動させようとか、泣かせてやろうなんて
    ちっとも考えて作ってらっしゃらないと思います。
    それなのに、それだから、胸を打つ本でした。

     
     ちょうどその日、ボランティアについて学ぶと聞いたので、
    6年生の朝の読み聞かせで読んでみました。
     他の学年でも、読みたいと思います。

    投稿日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年1月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット