新刊
なんでもレストラン

なんでもレストラン(文溪堂)

いらっしゃいませ!なにが食べたいですか?次々出てくる料理に、読んでいるだけでお腹が空いてくる絵本

  • かわいい
  • ためしよみ

もしもぼくがおとなだったら」 じいじ・ばあばの声

もしもぼくがおとなだったら 作:ヤニコヴスキー・エーヴァ
絵:レーベル・ラースロー
訳:マンディ・ハシモト・レナ
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784894234369
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,013
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こどもとは? おとなとは?

     4歳半孫娘。笑いながら、どう反応したらいいのだろうかと、とまどいながら(?)、真剣に聞いていました。
     で、孫娘の感想。
     「このこどもは、○○ちゃん(自分)よりずーと小さい子」なのだそうな。
     自分は、ちょっぴりおとなに近いと、いいたげな感じ。

     「こどもだから、かたづけないでいいの!」とひらきなおったとおもえば、この絵本のフレーズをまねて、「おとなは、どうしてかたづけるのだろう」と挑発すると「○○ちゃんは、ちゃんとかたづけるもん!」と反発する孫娘。早くも、こどもでいたいと思うけど、おとなにもなってみたい、という感じでしょうか。

     読み手に、ふと自分は?、と振りかえさせるこの絵本。こどもにもおとなにも、「こどもとは? おとなとは? その関わりは?」と、楽しく、問いかけているようですね?

     それにしても、これもまた、絵本の幅広さ、深さを、楽しませてくれた1冊でした。

    投稿日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット