虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

まなちゃんなかなかよいと思う みんなの声

まなちゃん 作・絵:森田 雪香
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784477025476
評価スコア 4
評価ランキング 21,476
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろすぎる〜笑

    ちいさな女の子が、お人形をクッションの下に隠して、かくれんぼごっこをするお話です。

    本当はお母さんに見つけて欲しかったのですが、お母さんは忙しそう。
    仕方がないので、じぶんで探そうとするのですが、お人形はいなくなっているのです!

    ここからの展開が、予想外でおもしろい!
    ちいさな子向けの本と思って、そっぽを向いていた娘も、思わず身を乗り出して見ていました(笑)

    とっても意外で、可愛くて、ぽんちゃん(お人形の名前)のファンになること間違いなしです!!

    投稿日:2015/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が図書館で

    • 佐藤まめこさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    図書館で娘が一目惚れしました。
    限度一杯に借り終えた後に、見つけた一冊。
    これ!これ借りたい!
    結局、他の一冊を返し、まなちゃんを借りました。

    娘と同年代、そしてお人形が出てくる本が大好きな娘にはビンゴ!
    絵も可愛いし、文字数も多くないので
    絵を読み取り想像しながら娘は聞いています。

    投稿日:2013/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹みたい!かわいいまなちゃん

    あしだまなちゃんが大好きな娘が『わぁ!!まなちゃんやって!!』と興奮して図書館で見つけてきました。
    読んでみると、子役のまなちゃんとはまったく関係のないお話でしたが(笑)かわいらしい女の子のまなちゃんに娘もかわいいねと喜んでいました。姉妹のいない娘には、幼い子が妹のように感じるのでしょうか。
    2歳くらいの子だと、自分と重ね合わせてお話に入り込めると思います。
    娘もかくれんぼが好きなので、お気に入りの1冊になったようです。

    投稿日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぽんちゃん探し!

    赤ちゃんの形のお人形、ぽんちゃんを「お布団」のしたに隠す主人公のまなちゃん。隠しといてママと探す遊びをしようとしたけど、戻ってきたら本当にいなくなってた!どこどこ?!探して、最後は見つけます。そして今度はまなちゃんのポッケに隠してゴハンへ。

    ほのぼのしたストーリーで、かわいらしいと思います。

    隠れてうろちょろするぽんちゃんを探して遊びながら読んだので、娘は「探すの面白かった!」と言っていました。カンタンなウォーリーを探せみたいで面白いと思います。

    投稿日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • まなちゃん

    とってもかわいい!!背表紙のまなちゃんがドアから顔を出すところもおもしろい。

    母の立場で・・・  最近いつもいそがしさにかまけて子どもと向き合っていないんだよね。反省反省。

    投稿日:2011/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • まなちゃんは娘です

    • NEOさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳

    ほんわかした日常的?なお話です。
    ・・お人形のぽんちゃんが動き出すのは日常では
    ありえませんが(笑)

    こちらの試し読みで読んだのですが、
    まなちゃんを娘の名前で、
    ぽんちゃんを娘の大切なお人形の名前で読みました。
    終始、娘はにこやかな顔をして、
    各ページで「ぽんちゃん探し」も楽しんでいました。

    ママが「今手が離せないの・・」というのも
    いつも私が言っている言葉。
    まなちゃんは、ダダをこねるわけでもなく、
    一人で遊ぼうとします。
    うちと同じ・・。
    客観的に、「可哀想だな・・」
    「もっと遊んであげたいな」と子供の気持ちに寄り添えました。

    ママの「ごはんよ〜」で子供は「空想の世界」から日常にもどる。
    自分も何度も経験したことで、共感。
    ・・ぽんちゃんは空想ではなく現実に動いているのかな?
    読み終えて暖かな気持ちになりました。

    投稿日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット