新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

ペツェッティーノ」 パパの声

ペツェッティーノ 作:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1978年06月
ISBN:9784769020073
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,294
みんなの声 総数 35
「ペツェッティーノ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 概念的な絵本だけれど

    走るやつ、強いやつ、泳ぐやつ、etc.、なんだか具象化された登場者と、自らが部品だと思うペツェッティーノ。
    子どもには少し難解な登場者の描かれ方ですが、描かれている造形は、彩といい形といい、幼児にとってはとても楽しいようです。
    その上、内容はとてもインパクトがあります。
    自分が何かの部品だと思っていたペツェッティーノが、自らをバラバラにして見て、自分を一つの自我だと認めるところ、自分は自分なんだと気付いたことをみんなが喜んでくれるところに、とても感銘を受けました。
    マーブル模様が、心象風景のよどみのようで効いてきます。
    レオニさんは不思議な作家です。

    投稿日:2011/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分探し

    自分っていったい何??
    無力でちっぽけ。きっと何かの部品かも。
    そして、自分探しの旅の結果、
    「自分は自分!自分らしく!」と落ち着きます。
    その結論に至る表現方法がなんともユニークです。

    投稿日:2011/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット