新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

ようかいさんは どこ?なかなかよいと思う みんなの声

ようかいさんは どこ? 作・絵:沼野 正子
出版社:福音館書店
本体価格:\390+税
発行日:2005年08月
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,682
みんなの声 総数 5
「ようかいさんは どこ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おおじいちゃん張り切っているね!

    おおじいちゃんが張り切ってアーちゃんとヨーくんを妖怪探検に連れて

    出かけるので一緒にお供させてもらっているようでした。

    怖がらせないで上手く二人を誘導してるのが凄いと思いました。

    二人がくるのを今か今かと待っているおおじいちゃんとおおばあちゃん

    の気持ちがよく伝わってきました。

    物知りの二人から、日本の妖怪を学べました。

    おおじいちゃんの張り切りが伝わってきました。

    「明日もいいことがあるよ」っと、そっとヨーくんの手に、おおじいち

    ゃんの手を重ねる大きな手に安心して眠れたと思いました。

    裏表紙のおおじいちゃんとおおばあちゃんの大満足した顔にとても幸せ

    にさせてもらいました。

    投稿日:2009/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモラスで親しみやすい印象

    いつもの「かがくのとも」らしくない内容で少し驚きました。妖怪といえば、真っ先に「ゲゲゲの鬼太郎」を連想してしまいます。

    妖怪といってもおどろおどろしい雰囲気はなく、むしろユーモラスで親しみやすい印象を持ちました。

    文明の発達しない頃は、目に見えない物、自然の神秘をとても大事にしていたのでしょうね。

    投稿日:2008/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然と一体化している妖怪たち

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    月刊「かがくのとも8月号」から。
    夏になるとちょっぴり恐いお話が読みたくなるのは、なぜでしょうか?
    この絵本も、夏休みに田舎のおじいちゃんおばあちゃんに会いにきたアーちゃんとヨーくんが、妖怪好きのおじいちゃんたちと一緒に、森へ妖怪探検へ出かけるお話です。
    でも、ここに出てくる妖怪はちっとも恐くないんです。
    昔の人たちが語り継いできた「妖怪」という存在は、むしろこの絵本に出てくるような自然と一体化したちょっと不思議な存在のことを言うのかもしれませんね。
    小学校の頃に読んだ「ユタとふしぎな仲間たち」を思い出しました。

    投稿日:2005/08/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット