季節
せつぶんワイワイまめまきの日!

せつぶんワイワイまめまきの日!(文溪堂)

ストーリーを楽しみながら節分の知識が身につく!

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

じゃがいもアイスクリーム?自信を持っておすすめしたい みんなの声

じゃがいもアイスクリーム? 作・絵:市川 里美
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年07月
ISBN:9784776404590
評価スコア 4.3
評価ランキング 18,619
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンデスの山に住むルーチョの暮らしぶりをみることができました。朝、昼、晩三食ともじゃがいもで、おやつもじゃがいもを食べているとのことでした。じゃがいもが、高い山でとれる、たったひとつの食べ物であること。アルパカとの生活で、おかあさんアルパカのリッティが子どものポコヨが怪我をした時に傷を舐めているの姿に無事で助かってよかったと少し泣けました。ポコヨの傍にしっかりついていたから発見できたんだと思ったし、アルパカのミルク入りのじゃがいもアイスクリームを考えれたのもリッティがポコヨを助けてくれたからだと思いました。厳しい生活だと思うけれど、家族で助け合って楽しく生活しているなあと思いました。

    投稿日:2017/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンデスの文化

    市川さんの絵って、素敵です!

    アンデスという日本とは違う文化に
    触れさせていただきました

    糞が燃料!?
    ジャガイモ掘りの後のお祭
    山の神様の見守り
    助けたアルパカのアドバイス!

    不思議にさえ感じてしまいます

    お手紙が手書きっぽくって
    自分にきたようで
    うれしくなります

    世界各地での子どもとのふれあいを大切にしている
    市川さん
    それをこんなステキな絵本にしてしまうのですから
    すごい!!です

    投稿日:2017/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ルーチョに気持ちになって作ってみよう。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    アンデスの少年、ルーチョの素朴な生活が
    とっても素敵に描かれている一冊。

    土地がやせているためかじゃがいもばっかりの生活であること、
    飼育しているアルパカが怪我をしたときは、
    アルパカの小屋に寝泊まりすること、
    日本では考えられないことばかりです。

    同じ地球にこんな生活をする人たちがいるんだー。
    ってこと、4歳の娘には伝わったかな?

    一度町のおまつりに行ったときに食べたアイスクリームが忘れられないルーチョ。
    アルパカに教えてもらって、じゃがいもアイスクリームをお母さんと作るところでお話が終わります。

    このあとがどうなるのか非常に気になるところですが、
    読者の想像にお任せされたのでしょうか?

    アイスクリームって買うものだと思ってたけど、
    確かに簡単に作れるものなのでした。
    私たちもルーチョの気持ちを体験してみよう。
    娘とじゃがいもアイスクリームをつくってみようと
    思った一冊でした。

    投稿日:2016/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べ物は全てじゃがいも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    アンデスの人々の世界観が好きで、思わず手に取ってしまいました。
    アンデスの山中にある村に住むルーチョ少年。
    アルパカを飼い、高地に育つ食べ物、数種類のじゃがいもが食料なのです。
    父親と一緒に迷子になったアルパカ親子を捜しに行ったルーチョは、
    岩の割れ目に落ち込んだアルパカの子どもを助けます。
    その母アルパカが、お礼に、じゃがいものアイスクリームについて
    教えてくれたのです。
    お祭りで食べたアイスクリームの味が忘れられないルーチョの喜びといったら!
    作者が実際にアンデスを旅した経験を盛り込んだ作品だそう。
    調べてみると、確かに、「インカのめざめ」という甘いじゃがいも品種があり、
    アイスクリームやお菓子にも向いているらしく、
    ちゃんと商品やメニューにもあるようですね。
    もちろん、このじゃがいもアイスクリームというアイテムが利いていますが、
    アンデスの村の人々の暮らしがしっかり描かれているのが素敵です。
    アルパカとの交流も、彼らの世界観からすると納得です。

    投稿日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べてみた〜い。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    市川さんの今度の作品の舞台は「アンデスのある村」です。
    アルパカがいて、ジャガイモを作って暮らしている村の小さな事件。
    実際に市川さんがアンデスを旅して書かれた物語ということで、描かれている風景はものすごくリアルに感じられました。

    主人公の男の子ルーチョとアルパカの会話が微笑ましいです。
    このお話で最後に作られていた『ジャガイモアイスクリーム』本当にあるなら食べてみたいです。
    ジャガイモをふかしてつぶしてバターと牛乳とコンデンスミルクでも入れて、冷やして固めたら……アイスクリームになるかな〜。

    投稿日:2011/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット