アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ひみつの足あと」 みんなの声

ひみつの足あと 作:フーリア・アルバレス
絵:ファビアン・ネグリン
訳:神戸 万知
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784001112276
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,754
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シグアパという生き物

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    新刊本で紹介されていたので借りてきました
    海の中で暮らす「シグアパ」という生き物は、人間と全く同じ背格好ですが、足のつき方が後ろ向きについているという不思議なもの・・・ここれは、シグアパの女の子が人間に見つかってしまった時のお話です

    美しい絵とともにストーリーがしっかりとあって読み進めていくうちに夢中になってしまいました
    ハラハラドキドキすることもありますが、子どもたちも納得するお話になっていると思います
    海の美しい南の島には、存在するかもしれないという余韻が残ります

    投稿日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • キュートなラスト!

    • 押し寿司さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 愛知県

    シグアバは、海の中に住んでいて、貝殻と海藻に覆われた、ひん

    やりとした青い洞窟に住んでいて、人間のことをとても恐れていま

    した。特別な秘密のシグアバの足が後ろ向きについていたので、

    前に向かって歩くと、後ろにむかう足あとがつくので、人間に知ら

    れずにいたのです。人間を怖がらないグアパという女の子が、怖

    いもの知らずだったので、ばれそうにならないかやっぱり気になっ

    て読みました。親切で優しい家族でよかったなあと安堵しました。

    なんだか男の子と、グアパがキュートだったのでドキドキ感が残る

    終わり方でした。

    投稿日:2019/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • シグアパの秘密

    足が反対に向いているという、海底人シグアパの存在に、不思議な興奮を感じます。
    時おり地上に上がっても、決して人間に見つからないように生きている人たちから、グアパのような女の子が現れても不思議ではないのですが、相容れない人間との遭遇が、妙に印象に残りました。
    でも単純に、足が反対に向いているとバランスが取れないだろうなと、思ってしまった自分は、物語の本筋から離れてしまったようです。

    投稿日:2019/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼のいないかくれんぼう

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     海に住む、人にそっくりで、足が後ろ前逆で、夜だけ陸に上がって食べ物を集めて、人とは絶対顔を合わさない・・・。人間がシグアパにヒドイことしたのかなあ・・・。絵がゴーギャンみたいにエキゾチックだから、よけいストーリーの中へ引き込まれます。お転婆で怖いもの知らずのグアパが、いけないかくれんぼうをしているようで、ドキドキします。貝殻とパステリーが互いの友情の印になるなんて、ちょっとキュートです。感謝

    投稿日:2015/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドミニカ共和国の伝説が元になってます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    本の検索をしていて、たまたま目についたので、図書館で借りてきました。
    このお話に登場する「シグアパ」という種族の物語は、もともと中南米の「ドミニカ共和国」のタイノ族の伝説を基にしているらしいです。
    同じ「シグアパ」の物語でも、地域によって、その姿はまちまちに伝えられているそうです。昔スペイン人からの新大陸迫害を受け、ひっそりと暮らすしかなかった原住民たちの話でもあるようです。

    「シグアパ」たちはふだん海に住んでいる生き物で、人が出歩かない夜とかにひっそりと陸に上がって食べ物などを探すらしいのです。
    パッと見は人間とよく似ているのですが、一番大きな違いは“足の向きが後ろ向きについていること”!!ここ、とっても大切なところなんですよ。
    お話もとても面白かったのですが、ファビアン・ネグリンの絵がまたすごく雰囲気があって魅せられました。
    ファビアン・ネグリンはアルゼンチン生まれで、今はイタリアに住んでいるイラストレーターだそうです。
    私はこの人の絵は初めて見ましたが、すごくいいです!
    あたたかい南国に伝わる不思議なお話、ぜひ読んでみてください。
    小学校高学年くらいのお子さんからお薦めします。

    投稿日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット