なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

ぼくは...ふつうだと思う みんなの声

ぼくは... 作・絵:三浦 太郎
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784893093660
評価スコア 3.93
評価ランキング 31,945
みんなの声 総数 14
「ぼくは...」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人むけ?

    息子が大好きな三浦さんの絵本・・・・のはずでしたが

    2歳には少しどころか、だいぶ早かったみたいです。
    もしかして、大人の読む絵本だったのかとすら思ってしまう1冊です
    (そのため☆3つです)
    絵もいつもと違い、シュールな感じで
    息子に「これ何?」と聞かれても、説明が難しい・・・・

    もう少し成長してから、読んであげたいと思います。

    私は楽しんで読めましたし、
    三浦さんの作品らしく、ちゃんと素敵な終わりの言葉があり
    本としては、よい本だと思います。
    (☆4つ)

    ・・・・海外の子供はすきかもしれませんね

    投稿日:2011/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくとは・・・?

    色々な角度から“ぼく”を見つめているお話です。

    短気だったり嘘つきだったりする僕ですが、はにかみ屋だったり惚れっぽかったりと、色々な僕が登場します。

    最後のページで「ぼくはいろいろだけど だから人生はたのしい...」と言っているように、色んな僕があってこその“ぼく”なんだよね!と思わず納得してしまいました。

    僕とは何か?、僕って何だろう?と疑問に思いながらも、良い部分も悪い部分も含めて僕を好きでいられることは幸せなことだと思いました。

    投稿日:2007/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(3.93)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット