新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

でんせつの きょだいあんまんを はこべ」 その他の方の声

でんせつの きょだいあんまんを はこべ 作:サトシン
絵:よしなが こうたく
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2011年09月
ISBN:9784061324817
評価スコア 4.68
評価ランキング 2,096
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 表紙で笑いだす

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    表紙を見せたらもうそれだけで、男のたちは笑い出しました
    女の子の中には「こわそ〜」と怖れをなす様子も見受けられます

    いざ話が始まると「あんまんだ」とお話に入り込む子どもたち
    ただ途中リーダーを選ぶ過程や、設計図のあたりで、集中力が途絶えてしまう子どももいましたが・・・・

    なにしろ蟻たちの表情に惹きつけられて、目を輝かせて、お話に見入ってました
    最後のオチは3歳の子供にはちょっとわかりづらかったかもです

    一緒に見ていた先生のほうがうけまくってました!

    こうたくさんの読み聞かせを参考にさせて頂き大変助かりました

    投稿日:2011/10/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • やっと読めた!

    大人が大人の為に読みました!
    ファンキーです!ノリノリ、アリたちも巨大あんまんにノリノリ!
    いいですね★ページをめくる毎にテンションが上がっていき
    最後は「やったー」という感じです
    アリの全てをかけて挑んだ一大プロジェクト
    ぼくもどんなことにも本気をだそうと思いました
    アリが筋肉質なのが一番よかった
    巨大なあんまんをそのまま運ぼうというこだわりもイイ!

    すべてのアリが一つの目的に対して、心から成し遂げようとしてた
    いまの時代それだけの熱意を注げるものが見つからない
    ただ腹へってるだけかもしれない、みかたによればパカに見えるかもしれない
    いいじゃないか!こんな絵本にだれが情熱を注げる!ありがとう サトシン&こうたく

    投稿日:2011/10/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 泥臭いぜ!

    『ところで私、なんのために働いてるんだっけ?』
    そんなことを考えさせてくれる絵本。
    こどもにはもちろん、ちょっとたるみ気味な大人の心をも、シャキッとさせてくれる、情熱溢れる泥臭い一冊。

    欲しいものを手に入れるために!
    そんなまっすぐな気持ちが絵とともに心に響いた。

    投稿日:2011/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • アリたちの熱きバトル、炸裂!

    • あかねずみさん
    • 40代
    • その他の方
    • 福岡県
    • 女の子12、女の子9

    アリたちの前に突然落ちてきた、白い巨大な物体。
    それは伝説の「あんまん」なるもので、その日から「あんまん」を
    巣に運ぶための、アリたちの命懸けのプロジェクトがはじまる。
    ストーリーは至って単純なのですが、少年マンガの王道バトルを連想させる熱いストーリー展開と、よしなが先生のキモくて力強い絵がたまらない!
    インパクトのあり過ぎる表紙に、最初はドン引きしていても
    不思議なくらい絵本に引き込まれてしまいます。
    小学校高学年で、ぜひ読み聞かせしてみたいと思います。
    実際のアリの世界では、エサを巣に運ぶのはメスだけらしいのですが、
    この強烈なストーリーを繰り広げるためにあえて、オスのアリを
    登場させたそうです。
    マンガ好きの人なら、子どもも大人も絶対はまってしまうでしょうね。

    投稿日:2011/10/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • アリの世界では クスッと笑える

    大きなものが落ちてきた!

    アリの世界から見たら 大きな雪山に見えるんですね

    リーダーの アリヤマアリタロウの指揮の下に 運ぶのです
    きょだいあんまんを 
    アリたちの力が見て取れます  すごい顔
    そして 女王アリの前であんまんを割るのです
    あーーっ はかっ!
    なんと なんと 肉まんとは
    涙流しながら ほおばる アリ「それも アリかと」

    だじゃれが飛びます  クスッと笑える結末でした
     
    サトシンさん
    エサを巣穴に運ぶ働きアリは実際は メスのアリなんですって
    しかしこの絵本では オスのアリで 力強く描かれています!
    おもしろい

    投稿日:2020/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • サトシンさんの講演会を聞きに行って、ご本人に読んでいただきました。
    プ○ジェクトXみたいな話ということで、暑苦しい絵に最初はちょっと引いちゃってたんですが(失礼)、例のBGMによって会場は爆笑の渦に。
    刷り込みで勝手に脳内再生される『プ○ジェクトエ〜ックス、クス、クス……』。人物紹介、行き詰ってから設計図を出してくるまでの間の取り方などなど。あの番組に照らし合わせて楽しませていただきました。
    お話会で読むときは、ぜひとも参考にさせていただく感じで。
    ただ一つ残念なのは、番組が終わって久しいのでそのネタがわかるのが大人に限られるということなんですよねぇ。

    投稿日:2015/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく熱くなります!

    子どもにとっても、大人にとっても熱い体育会系の本!

    よしなが こうたくさんの絵の迫力がすごい。
    最初の女の子があんまん(?)を落としたところから感心しました。

    「プロジェクトチーム」という言葉が子どもには難しいんじゃないかという意見もありました。

    最後のオチは最高でした!!

    投稿日:2014/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命さに打たれる

    • とむままさん
    • 50代
    • その他の方
    • 三重県
    • 男の子16歳、女の子14歳

    中学生に読み聞かせしました。

    絵のインパクトの強さにぐっと引かれる子と、えっ!と目をそらしてしまう子がいるのですが、

    話が進むにつれ、ありたちのあまりにも、真面目で一生懸命な姿に

    みんなが引き込まれてきました。

    最後のおちは、「わかっとったわー」 という笑い声でした。

    絵本ですが、何か訴える力のある作品で、小学校ならもっと大騒ぎになるのではないかと思います。

    投稿日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ズバリ!お父さんも楽しみながら読める絵本です!

    感想と言うよりも、【お父さんのための正しい読み方】

    ます、タイトルから大きな声で力を込めて!

    そして、1ページ1ページ、汗だくで
    働きアリになったつもりで一生懸命に読んであげると
    聞き手もこの絵本の楽しさが倍増します。

    特に、みんなで「うんせ!うんせ!」と「あんまん」を運ぶシーンは
    絵本をアリ達と引きながら力強く読みましょう。

    この巨大なあんまんを運ぶアリ達の大変さが伝わります。

    巣穴まで運ぶことの大変さ、必死さが伝われば伝わるほど
    最後の「んな、アホな・・・」的なオチが爆笑から大爆笑に変わります。

    ユーモアの大切さがわかる、現代の絵本です。
    オススメします!

    投稿日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高に笑えて楽しめる本でした。
    まずタイトルからしてインパクトがあり面白いです。
    壮大なあんまんを運ぶ大プロジェクト、
    文体はまるで「プロジェクトX」のようで
    読んでいる手に力がこもり、「頑張れ!」と
    熱くなってしまいました。

    たかがあんまん、されどあんまん
    こういう絵本大好きです。
    そして最後はだじゃれありの
    肉まんだったというオチ、
    素敵すぎてみんなに紹介したくなりました。
    お子さんももちろん、両親も
    きっとこの本にクギつけになることでしょう☆
    一度読んだら忘れない本だと思います。

    投稿日:2011/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ハエくん / しろくまのパンツ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット