新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ホリーのゆめ自信を持っておすすめしたい みんなの声

ホリーのゆめ 作・絵:ホリー・ホビー
訳:二宮 由紀子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2011年09月
ISBN:9784776404842
評価スコア 4.25
評価ランキング 19,575
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • え、ええ〜っ・・・・・・・でした??

    ホリーの誕生日プレゼントは、てっきり”馬”とばかりと思っていた

    私なので、「まだプレゼントがあるのよ、ホリー。さあ、納屋へ行

    く?」 ”わかってた!わかってたわ!わかってるのよ!

          行く! 行く! 今すぐ!”わたしは駆け出した。

       大きなこのプレゼントが目に入った途端のわたしの気持ち、

       わたしは隠しきれなかったと思う。

       やっとのことでわたしは口ぶえをふいた。

       「・・・・・すごい」

       「のってみないのか、ホリー?」父が言った。

    ページを捲ると、赤い自転車だったので、

     え、ええっ・・・・・・・・・でした??


    ホリーは、赤い自転車に「ビューティー」と名づけて喜んで

    ました。あまりにも馬のことばかり描かれていたので、びっくり

    した私でした。でも、ホリーが喜んでいたから、よかったんだと

    思いました。とても水彩画が綺麗です。

    投稿日:2019/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな結末あり!!?

    町から田舎に引っ越してきて、やっと生活に慣れてきたホリーが夢に見たのは馬を飼うことでした。
    その流れと絵の美しさに、誕生日に馬小屋で待っていたプレゼントは…?
    見ている私もわくわくしながらプレゼントのページを開けて見たら…!!!
    予想外の展開にビックリしてしまいました。
    でも、ホリーが気に入ったならそれで良いですね。
    私には不満が残りました。

    投稿日:2019/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでいる時の胸の高揚感が自分でもわかりました。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    何て言うか、期待を裏切られた感は満載ですが、それでも嫌な感じは全くありません。むしろ、えーっと言いながらゲラゲラ笑ってしまいました。小屋に糞だけ置いて「飼っている気になる」のは何とも可愛いらしい行動ですね!

    投稿日:2014/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • トゥートとパドルの原点

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    作・絵 ホリー・ホビー、訳 二宮由紀子とくれば、誰しもが知っている「トゥートとパドル」シリーズです。
    そのホリー・ホビーの2010年の彼女の自伝的作品です。
    「トゥートとパドル」シリーズを読んだときに、その原点を見出すことができて、さらにシリーズが楽しめること間違いありません。

    物語は、私が祖母の家の3階で暮らす都会のシーンで幕開きです。
    近所には沢山の子供がいて、どの家もぎゅうぎゅうに暮らしている、とても賑やかな生活がそこにはありました。
    それが、突然、両親が古い農場を買い、田舎暮らしを始めることになります。
    私は、直ぐ森や野原が好きになり、動物の世話に夢中になるのです。
    その時憧れたのが、乗馬。
    私は、世界中の何よりも、馬が欲しかったのです。
    その憧憬は、馬のいる生活を空想させ、馬の絵をそれこそ沢山描くことに繋がるのですが、まさに彼女が絵本作家となる原点が、そこにはあるのです。

    馬を飼うことに家族から反対されるのですが、私は諦めきれない。
    私の誕生日、両親が納屋にプレゼントがあると言われた時の、期待に満ちた私の気持ちは想像に難くありません。
    誰しもが馬のプレゼントと思うのですが、それは馬ではありませんでした。

    私の想いを、可能な限り受けとめた両親の行為に拍手したい気持ちに駆られます。
    同時に、馬でなかったことをガッカリするのでなく、感謝の気持ちに変えていく私にも、拍手したい、そんな素敵なエピソードだと思います。

    「トゥートとパドル」を読む上で貴重な作品ですが、1つの作品としてもオススメです。
    特に、起承転結のしっかりとした構成が優れた作品だと思います。
    読み聞かせよりは、小学校低学年以上のお子さんが、自分で読むのに適しているかも知れません。

    投稿日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか


えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット