オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
梅木水晶さん 40代・ママ

ワタナベさんもそうですが、
本来命を持たないものを擬人化してお話に…

とっておきのカレー」 みんなの声

とっておきのカレー 作・絵:きたじま ごうき
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年10月31日
ISBN:9784904716588
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,912
みんなの声 総数 29
「とっておきのカレー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 星の光がキラキラ

    やっぱり何と言っても一番気に入ったのが、最後の星の光がキラキラとあふれ出ている場面が綺麗に輝いている絵がよかったです。おじさんの優しさにも触れてよかったです。カモシカさんのお土産の山で採れたサルナシやグミ、山葡萄のカレーも食べてみたくなりました。ちょっと遠慮したいカレーもありましたが、カレーライスは毎日でも飽きないかなって思いました。

    投稿日:2013/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶品カレー!

    • ユリーカさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子2歳

    山小屋で、子どもたちがおいしそうにカレーを食べています。
    カレーが大好きな山小屋のおじさんは、そんな子どもたちに、「カレーがだいすきなのは、じつはぼくたちだけじゃないんだぜ」と、山小屋に誰がカレーを食べに来たのかをお話します。
    カレーを食べたお礼に、サルナシやグミをおいていくカモシカ、お肉が少なかったと、ヘビやネズミなどを置いていったフクロウ、大昔の恐竜の骨を置いていった雪男。
    最後には宇宙人がカレーを食べに来て…
    息子は、何がカレーを食べに来て、何を置いていったのか、すぐに覚えてしまいました。
    一番面白かったのは、ヘビやネズミのお肉。「おえーっ」なんて言いながら、うちのカレーに入れないでね、と懇願されました。
    そして、いつか宇宙人が置いていったカレーを食べたいと言っています。
    何を入れたら、マネできるのかな。
    息子は、このお話をとっても気に入って、幼稚園の演劇の題目として、先生に推薦したそうです。
    絵もとっても温かい。是非ご一読を!

    投稿日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • カレーが食べたくなりました。

    子供と一緒にステキなイラストにも見入ってしまいました。
    もともと大好きなカレーライス。他の動物も好きなんだって目をキラキラさせていました。自分が好きな物は皆が好きとは限らないと、日常生活では話していましたが、多くの人が好きと言葉を変えて伝えていこうかなって自分自身も思いました。

    投稿日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • キラキラのカレー

     山小屋のカレーはほんとうにおいしそう。まきストーブで、鉄のお鍋で作っていますね。

     まきストーブのオレンジ色があたたかいなと思いました。
     おじさんのお話は、山小屋ならではのエピソードで、わくわくします。ほんとうに、ゆきおとこや宇宙人が食べに来ているのかも。
     子どもたちは、楽しい夢をみていそうだなとほほえましくなりました。

     とっておきの「キラキラ」カレー、どんな味がするのでしょう、、、。

    投稿日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当だったんだ!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    山小屋のおじさんのお話。
    最初は「へぇ〜!」と思いながらホッコリしていたのに、フクロウが置いていったヘビやらカエルやらをカレーに入れた所から「げげっ」と思い、その後のありえない話に「ははん、嘘だったのか・・・」と思っていたら・・・!!
    どうやら本当のお話だったようですね!!
    すごーい!!
    キラキラ光る星のカレーがすっごく素敵!!
    それはさて置き、子供たちが食べたカレーは普通の材料のカレーだったのかな?
    きっと普通のカレーだと思いますが、気になりました。
    最後の星のカレーは素敵だけど、ヘビやカエルの肉が衝撃的すぎて食べたいとは思わなかったです^^;

    投稿日:2012/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色がたまらない!

    表紙の時点で、この『色』にやられました(笑)そして、表紙をめくると食べて下さいと言わんばかりのカレー。たまりません!

    不思議な不思議なカレーの話。私はてっきり、カレー好きなおじさんの作り話だと思いました。でも、こども達もうちの娘も、ワクワクしながら、おじさんの話に聞き入ってます。こどもって、純真。
    えっ!?本当の話??だって、「この」カレー!すご〜い!!まさに『とっておき』☆こども達のキラキラ輝く瞳と大喜びの笑顔が目に浮かびます。本当にステキ。

    読み終えた私の気持ち。『とっておき』のじゃなくていい、おじさんのカレー食べたい!!(だって、すごく美味しそ〜!!)
    夕食のメニューに迷っている方にもオススメです(笑)

    投稿日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山に行こう

    山小屋の定番、カレーライス。
    そして、山小屋の楽しさは、小屋のおじさんの楽しい話。
    山だからいろいろな動物もいるし、自然もいっぱいだし、星空が嘘みたいにそばに見える。
    そんな山小屋だから、子どもたちはおじさんの話に夢中です。
    ちょっとNGな食材も出てきたけれど、自分たちのカレーの具が気になりながら、すっかりおじさんのペースに乗ってしまいました。
    大自然と山小屋の良さが、絵から溢れていて、山小屋で止まったことがある子どもたちならば、たまらない絵本ですね。
    久々に山歩きがしてみたくなりました。

    投稿日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 描かれている世界観がとてもリアルでした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    山小屋での背景はとてもリアルに描いてあるのに、読み進めていくと、どんどん不思議なことが起きていきます。

    山小屋のおじさんが子どもたちにしたカレーを食べに来たお客さんの話は「突拍子もない絵空事」にも聞こえますが、
    最後の最後に描かれているオチが「えっ、うそっ!?」と、嬉しいビックリな内容で描かれていました。
    作者の北島さん自身が山小屋で働いているそうで、やっぱり実際に体験している出来事は、絵から伝わってくる世界もすごくリアルだな〜と、感じました。
    内容自体は5,6歳くらいからでも楽しめると思いますが、
    合宿や林間学校などで、団体で山小屋などに泊まる機会が増える小学校の4年生〜6年生くらいの子どもたちに特にお薦めしたいです。

    投稿日:2012/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢の詰まったカレー

     このカレーのお話は、初めはいろいろな食材(食べられるもの)を使ってカレーを作る優しいおじさんのお話かと思いました。しかし蛇や恐竜の骨が出てきて、すぐに間違えに気づきました。その時から、ゲテモノが入ったカレーのお話になるのかと思い始めました。しかし星のかけらの入ったカレーを目にしたとき、とても素敵な絵本だと思いました。
     この絵本を読み聞かせる時、子どもはハイキングに来ていた少年たちのような目線でこの本を読むでしょう。ということは、次のページに何が出てくるのか想像させるためにめくるスピードをゆっくりにしても面白いかなと思いました。

    投稿日:2012/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おじいちゃんがおばけになったわけ / まくらのせんにん そこのあなたの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • そうだソーダ
    そうだソーダ
     出版社:くもん出版
    ぞうのソーダやさんには不思議でおかしいソーダがたくさんあるソーダ!? 楽しい言葉あそび絵本!


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その3

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット