まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

とっておきのカレー」 みんなの声

とっておきのカレー 作・絵:きたじま ごうき
出版社:絵本塾出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年10月31日
ISBN:9784904716588
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,912
みんなの声 総数 29
「とっておきのカレー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • とっておきのカレーのお味が気になります!

    • ゆずれもんさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子11歳、男の子8歳、男の子2歳

    カレー大好きな我が子に読み聞かせました。
    次々に山小屋にやってくる意外なお客様にびっくり!そのお客様からのお礼の品でつくったカレーにもびっくりでした。
    読み聞かせたあとにはやっぱり、カレーが食べたくなりました。子どもたちは「きらきらのカレー食べたい!」とのこと。確かにお味が気になります。
    小学校の読み聞かせにも是非活用したい一冊です。
    給食がカレーの日に、タイミングを合わせて読もうと計画中です。

    投稿日:2019/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじさんのキャラが凄い

    とっておきのカレーってどんなおいしそうなカレーかなとホノボノしたイメージで読んでいたら普段カレーに入れる具材の想像を超えた具材が登場します。しかも食べに来る人(?)たちも想像していないひとばかり。にっこり笑ってカレーを作ってくれるおじさんもいいキャラしています。次は誰が食べに来るんだろうとワクワクしちゃいます。
    背表紙にも物語の続きがあるのですね、見逃すところでした。

    投稿日:2018/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に迫力が

    一軒の山小屋に、子どもたちがハイキングにきました。
    今夜はここに泊まります。
    夕食は、山小屋のおじさんお手製のカレーライス。

    そのカレーライスから、おじさんの、おはなしが始まります。
    人間以外の、いろんなものが、カレーを食べにくるというのです。

    絵に迫力があって、お話にも夢が広がって、とても面白い絵本だなと思いました。

    投稿日:2017/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • やまごやのカレーっておいしいよね

    やまごやのカレーっておいしいですよね・・と言いながらも
    私はまだやまごやでカレーを食べたことがありません。
    でも、絶対おいしいだろう!というのは簡単に想像がつきます。
    一生懸命登ってきて。落ち着いたところで食べるカレーが
    おいしくないわけありませんもの。
    もしかしたら、この絵本のように「ひみつ」が隠されているから
    おいしいのかもしれませんね。
    いくらおいしいとは言え、最後のカレー以外は、ちょっと食べる
    勇気が持てない私ですけれども。

    投稿日:2016/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • カレーの匂いが漂ってきそう

    山小屋のおじさんの笑顔が印象的で
    あたたかみのあるランプのひかりと子供たちの笑顔、
    カレーの匂いが漂ってきそうなおはなしでした。
    山小屋に泊まって、山のふしぎな怖い話とかしてもらったこともあり、
    このおじさんも、おはなし上手なんだな、、、と思ってしまいましたが、
    最後のきらきらカレーは?
    やっぱり本当だったのかなあ。

    投稿日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • がじろうさんとモモンガ?

    オールシーズン大丈夫だけど、
    七夕のおはなし会にもう一冊・・・と選んだのがこの作品。
    表紙から、カレーの香りがしてきそうな雰囲気です。
    何やら怪しい二人(二匹?)の手が、思わせぶりです。案の定話の中にあらわれます。次は?次は?と想像が膨らみ、ちょぴり謎めいたところがお気に入り。

    おまけに、人のよさそうな山小屋の主人のそばに人懐こい小さなモモンガが13か所?かわいくてみつけられたら嬉しくなります。
    作者が山小屋で働いた経験が活かされた作品ともいえます。
    カレー作りたくなるし、山奥に家族で行って満点の星空をながめたくなる気持ちにもなりました。

    投稿日:2016/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山小屋のカレー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    山小屋のカレーに夢中の子どもたちに、山小屋のおじさんがカレーのエピソードを語ります。
    実は、子どもたちだけではなく、いろんな来訪者も食べているというのですが、
    その来訪者って、カモシカ、フクロウ、雪男、宇宙人!?
    だんだんとほら話の様相ですが、ラストには意外な結末が。
    作者の山小屋暮らしの体験が盛り込まれているようですが、
    確かにその光景描写は、息をのむほど美しいです。
    もちろん、裏表紙も要チェック。
    題名に納得です。

    投稿日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくりカレー

    子どもたちが大好きなカレーですが、この山小屋のおじさんが作ったカレーは、また格別の味がするようです。
    カレーが好きなのは、人間だけではなさそうです。
    山小屋には、色々な動物たちがやってきて、食べた後には、何かおいていきます。それを使って、またカレーを作るのです。そしてやってきたのは、宇宙人。何をおいていったのでしょう。
    夢が広がります。いえ、ほんとうにあったこと?
    読み終わったら、お腹も頭もパンパン!

    投稿日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにおすすめ

    • びんすけさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子9歳

    小学校で読み聞かせのボランティアをしています。
    昼休みを利用しての読み聞かせに集まるのは、1年生から3年生くらいが中心です。多少ざわざわした雰囲気の中でも、おはなしの中に引き込まれやすい、魅力的な絵本です。

    こどもたち、はじめはだまって絵本に見入っていましたが、おはなし半ばからはあちらこちらから、
    「ええ〜っ!」「そんな〜」「うわ〜っまさか!」
    と驚きの声をあげはじめ、ざわざわしたり、笑いだしたり。
    読み終わってから、裏表紙をみせて、
    飯盒に描かれたおじさんからのメッセージを読み上げたときには、
    まるで、自分たちがお土産をもらったような顔。
    「どんな味がするのかな〜」と、カレーの味に思いをはせているようでした。

    投稿日:2015/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそうなカレー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    山小屋を訪れるいろいろなお客さんたち。
    宇宙人まで出てくるのにはびっくりします。
    わたしもカレーはもともと好きなのもあってこの絵本を読んだらカレーが食べたくなってしまいました(笑)。
    とっておきのカレー、ごちそうになりたいなー。

    投稿日:2014/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おじいちゃんがおばけになったわけ / まくらのせんにん そこのあなたの巻

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット