まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おばけサーカスなかなかよいと思う みんなの声

おばけサーカス 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月18日
ISBN:9784061324855
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,208
みんなの声 総数 5
「おばけサーカス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な感じ

    読み終わったときに、何ともいえない不思議な気持ちになりました。
    怖くないオバケです。
    でも、やっぱり人間とは違う雰囲気は伝わってくるので、それが独特のサーカスになっているのでしょうね。
    はっきりと「オバケだ!」とわからない。その、あいまいさが印象に残りました。

    投稿日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な作品です

    おばけはおばけだから怖いのだと思います。
    人間になりきったおばけは、すでにおばけではありません。
    おばけサーカスの団員が練習していることが、幻想的で不思議で、きつねにつままれたようなお話です。
    おばけが人間を怖がっているような作品でした。

    投稿日:2017/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけが人間に化ける?

    おばけがサーカスをするのですが、おばけということがばれないように、「ほどほどにな。おれたちがほんものだとばれないようにな」というところが、おもしろいなと感じました。
    本当なら、いかに上手にするか、を追求するものだと思いますが、上手にしすぎてもだめなようです。
    かといって、あんまり人間そっくりにやってもいけないようなので、なかなか難しいです。
    サーカスの様子は、絵がとてもきれいで、様子が目に浮かびました。
    ワクワクする絵本です。

    投稿日:2013/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット