新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他

ひめねずみとガラスのストーブ」 パパの声

ひめねずみとガラスのストーブ 作:安房 直子
絵:降矢 なな
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784097264514
評価スコア 4.77
評価ランキング 635
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひめねずみのせつない愛

    風の子どもの成長と、まちつづけたひめねずみのせつない愛。
    洗練された清らかな文章の中にせつせつと伝わってくるのは、愛することの哀しさでしょうか。
    風の子のフーが買ったガラスのストーブに火をつけた時に現われたひめねずみ。
    お互いさびしいもの同士の不思議な生活が始まります。
    やかんを買い、なべを買い、道具を使ってひめねずみは温かい料理でフーをもてなしました。
    そこに現われた北国の風の少女オーロラ。
    フーがオーロラの言葉にひかれて北国に旅立ったのは風としての性でしょうか。
    「しばらくのあいださようなら」
    その一言が残されたひめねずみの心に沈みます。
    旅立つものと残されたもの。
    残されたものは待つだけです。
    オーロラの残したコーヒーを沸かしたら、一人暮らしでいた多くのひめねずみが集まりました。
    ひめねずみは一人ではなくなりました。
    でも…。

    何年も経って帰ってきた大人になったフー。
    ひめねずみたちはいました。
    そして、自分を待っているはずのひめねずみはひいおばあちゃんとして、すでにこの世にはいませんでした。
    フーはすでに、ガラスストーブで心あたためた世界は自分の世界ではないことを感じます。
    ひめねずみはきっとフーを待ち続けたんだよね。

    ストーブの灯がとても暖かく感じられるだけに、旅立つものと待たされるものの切なさが鮮やかです。
    私はいろいろなものとこの物語を重ねあわせてしまいますが、子どもたちにもこの切なさを受け入れるナイーブさを大切にしてほしいと思います。

    投稿日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じごくのそうべえ / よるくま / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット