もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

マイマイとナイナイ」 その他の方の声

マイマイとナイナイ 作:皆川 博子
絵:宇野 亜喜良
編:東 雅夫(編)
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784265079520
評価スコア 4.2
評価ランキング 19,078
みんなの声 総数 9
「マイマイとナイナイ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 発想がすごいです!!!
    途方もない救いのない感じがたまりません!!

    予想もつかないくらいに引き込まれて、夢中で読みました。特にラストは最高ですね。

    宇野さんの絵も素晴らしいです。見惚れてしまいます。

    「怪談えほん」ですが、子供向けではないような気がします。
    不気味というより、私は病的に感じました。

    そこがいいんですけどね!大人向けだと思います!

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 【内容】
    少女マイマイは、ある日、小さな弟を見つける。父も母も小さすぎる弟は見えない。クルミの殻に弟を入れ、二人は森に行く。白い馬に右の眼を壊されたマイマイは、クルミを右目に入れるが…小さな弟と姉の、不思議な物語。

    絵:宇野亜喜良
    編集:東 雅夫

    【感想】
    精神の異常を感じさせる、不気味な話でした。言葉が詩のようによく練られていて、一つの言葉からいろいろなものを暗示させてくれます。絵の雰囲気が西洋的で、非日常的。出てくる人物も白人っぽい骨格と、アンバランスな体形。病的な世界をうまいこと作っています。
    単純ではないお話なので、何がどう恐ろしいか説明しにくい。「わからない状況になって、助からない」、「どんどん変な世界に突き進んでしまう」という恐ろしさがあります。基本的に、自分が理解できないものは怖いと感じる人間の本能のような部分に訴えかけてくる作品で、読み終わった後に、嫌な気持ちが割と長く残り、その日に見る夢に出てきそうな、息の長い恐怖感がゆっくり味わえます。

    こういう作品を、自分が子どもの時に読んだことがないので、何とも言えませんが、大人が読んでも十分摩訶不思議な恐ろしさを体験できると思います。
    特に、精神的に参ってくるような、恐怖感を体験できる作品と言えます。
    自分を見失っていく恐怖、良かれと思ってやったことが最終的にはすべて裏目にでていく恐ろしさ、理不尽で理解不能な展開…。
    この絵本を読むと、自分が今ここに本当に存在しているのか疑問になって、つい、自分の顔を叩いて確認したくなります。ご期待ください。

    投稿日:2018/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット