宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

紙芝居 きかんしゃ シュッシュ」 みんなの声

紙芝居 きかんしゃ シュッシュ 原作:アインズワース
脚本:八木田 宜子
絵:和歌山 静子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784494091263
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,615
みんなの声 総数 2
「紙芝居 きかんしゃ シュッシュ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 8場面です。年少向けとあるように、、小さいお子さんでも飽きずに楽しめる長さです。
    シュッシュの貨車は6こあるので、6までの数を覚えることが出来ます。また、いろんな鳴き声で乗ってくる動物たちを当てる参加型としての楽しさもあります。

    物語の中の、シュッシュが「トンネル」入っていくシーンで、
    「まっくろなあながみえてきました」とか、
    「あなはどんどんおおきくなっていきます」とか描写があるのですが、ここを読んで、改めてそう言えば小さい頃は、電車がトンネルは居るのが怖かったなと、思い出しました。
    小さい子向けのおはなし会で演じてみたいです。

    投稿日:2019/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い機関車

    大きな画面いっぱいに画かれた赤い可愛い機関車にご機嫌な孫たちです

    5歳の孫がおねえちゃんぶって3ヶ月の孫に、「シュッシュ シュッシ

    ュ」って言ってます。

    二人共とてもご機嫌に紙芝居を聞いてくれてます。

    乗り物好きな孫たちのお気に入りの紙芝居です!

    投稿日:2012/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット