あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

さんねん峠」 みんなの声

さんねん峠 作:李錦玉
絵:朴民宜
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年
ISBN:9784265910212
評価スコア 4.91
評価ランキング 5
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 朝鮮のむかしばなし

    朝鮮のむかしばなしなんですね。
    さすがの安定感で、最後まで安心して読めました。
    とっても面白かったです。

    「さんねん峠で転んだならば三年きりしか生きられぬ」しょっくで寝込んでしまったおじいさんを、「一ぺん転べば三年で、十ぺん転べば三十年、百ぺん転べば三百年」と何ともポジティブな方向に変えてくれた水車屋のトルトリの機転にあっぱれ。
    小学校中学年の読み聞かせによんでもよさそうな本だと思いました。

    投稿日:2018/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 病は気から・・・?

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    なんだかとっても聞いたことがあるようなタイトルで、
    さらにとっても面白そうなので、図書館から借りてきて
    6歳の娘と読みました。

    結果は・・・大当たり!
    こんな昔話大好き!
    朝鮮の昔話だそうで、挿絵からもとっても朝鮮を感じることができます。

    さんねん峠のせいですっかり病のふせってしまったおじいさんを
    さんねん峠でみごとに復活させた少年、あっぱれです!
    日本版一休さん的な展開が痛快!

    最後は娘と
    「面白かったねー。」と大満足で終わりました。

    それにしても、「病は気から」というのは、
    日本も朝鮮も共通のようですね(笑)。

    投稿日:2018/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーがおもしろい

    公文のプリントで、こちらのお話が出てきまして、娘が続きを読みたがったので購入しました。
    こちら、有名なお話なのですね。私は知りませんでした。
    さんねん峠で転んでしまうと、あと3年しか生きられないという、なんだか怖いお話なのですが、そのドキドキ感が子どもにとってはたまらないようで、何度も読んでと持ってきます。
    あらためて知らないお話がたくさんあるのだなぁと実感。子育てを通して新しいことを知れるのはうれしいです。

    投稿日:2017/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 未だに覚えています

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子2歳

    もう20年も前のことですが、国語の教科書にあったのを未だに覚えています。
    何度も音読し、あの歌もすっかり暗唱。
    何年もたってまた、同じお話を読むと、当時のことが思い出されたり、はたまた、全然違う感想を持ったり。時を置いて、また、同じ作品に触れること、とてもいい。

    ピンチはチャンス。
    三年きりしか生きられない。三年も生きられる。もう一度転んで・・・
    プラス思考、しっかり身につけたいですね。

    投稿日:2016/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものは考えよう

    このお話は、ある峠で転ぶと余命が三年になってしまうという峠で転んでしまったおじいさんのお話でした。峠で転んだあとから急に体調が悪くなってしまったのですが、男の子に何回も転べばいいんじゃないかと言われて、元気になりました(笑)考え方の違いでこうも変わるのか、というのがあからさまにわかって読んでいて笑ってしまいました。

    投稿日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 呪いの峠か何かかと思いましたが、そんな噂を恐れる人間の心が馬鹿馬鹿しいよ、という事を教えてくれた本でした。病は気から。噂も逆手にとってしまえば長生き出来ちゃうよ、というお話。教科書にも載ってるお話なんですね!納得!

    投稿日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 衝撃のラスト3行

    小学3年生の娘が、教科書で習っているというので読んでみました。

    物語は
    3年峠で転んでしまうと3年しか生きられないという都市伝説を
    見事なとんち(?)で、超プラス思考に切り替えます。
    それにしても
    転んだことで、とたんに体が弱るおじいさんを見て
    「病は気からだなぁ」と娘と話しました。

    教科書では伏せられていた、とあるからくり。
    学校では、そこを考えるという仕掛けになっていたそうですが
    この本では、ばっちりネタバレしています。
    娘は感慨深そうでした。

    投稿日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 由来?

    子どもが幼稚園の頃に3年生の劇を見て印象に残った本のようで久しぶりに借りて読みました。改めて読んで転んで寝込んでしまうなんて男性じゃないとありえないなと感じました。さんねん峠の由来って素敵な峠だからゆっくり歩きなさいよってことなのかなと思いました。韓国の昔話なので家の中の様子など勉強にもなります。

    投稿日:2013/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想の転換

    転んだら三年しか生きられない峠でおじいさんが
    転んでしまいました。そのまま、元気がなくなり寝込んでしまったので
    あぁと思っていましたが。
    ものは考えようもの、3年生きれるのだから、
    3×2は6年、3×10は30年、転べば転ぶほど生きられる。
    発想の転換って素晴らしいなと感じました。

    投稿日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキするかも

    三年生の教科書で紹介されていたので息子も読みたかったのだそうです。

    私は以前ストーリーテリングで聞いたことがありました。

    こんな峠が本当にあったらドキドキして通りそうです。

    そしてもし転んだら、このおじいさんと同じようなリアクションになるかもしれません。

    おもしろい昔話だなあと思いました。

    投稿日:2011/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.91)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット