ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本

ピヨピヨ ハッピーバースデー」 ママの声

ピヨピヨ ハッピーバースデー 作:工藤 ノリコ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784333025169
評価スコア 4.81
評価ランキング 237
みんなの声 総数 95
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • お誕生日じゃなくても楽しめます

    お誕生日がテーマの本は頂き物ですが、豊富な我が家。

    その中でもこの作品は娘の一番のお気に入りです☆

    ストーリーはニワトリのお父さんとお母さんがヒヨコの子供たちの為に、ケーキ屋さん、おもちゃ屋さんでお品を調達して、お誕生日会をするという一見ありがちなお話です。

    いえいえ、そんな言葉で片付けてはいけません。

    絵が細かくて丁寧で大人も子供も読むだけでワクワクします!!
    ケーキ屋さんには美味しそうなケーキ以外にもプリンやアイスクリームチョコレート、シュークリーム、贈答品の品だって細かく描かれています。フレイバーも書かれている徹底ぶり!
    おもちゃ屋さんも同様に男の子も女の子も大好きな電車や車、お人形、おままごと、オセロやルービックキューブまで描写されています。

    親ニワトリの愛情たっぷりのセリフに心も温かくなります。

    うちの子は1ページずつ毎回じっくり見て、色んな想像をしながら楽しんでいる様子です。大人の私も細かい部分まで見たりして、一緒に楽しませてもらっています。

    ピヨピヨはシリーズでたくさんあるみたいなので、他の本も是非読んでみたいと思う作品でした。

    投稿日:2014/01/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大好きなピヨピヨ達の誕生日

    大好きなピヨちゃんシリーズの誕生日がテーマのお話。9歳の息子も大ファンなんです。

    今回はピヨピヨ達はケーキ屋さんに行きます。
    どれもこれもおいしそうーで、読んでいる私たちまでがどれにしようか迷ってしまいます。
    どれにしよう、、、と悩んでいたけれど
    「やっぱり プリンだね。 うんうんプリンだね。」うれしそうに全員一致でプリンに決まり!と思ったら、ママは注文済みでした。
    (涙目でいじけているピヨピヨがまたかわいらしいーーー)
    プリンは買わなかったけれど、なんとママ手作りの「どんぶりプリン」が出てきます。
    こんなママになりたいな、と思う一時でした。

    投稿日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誕生祝いに。

    • マーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳

    息子の3歳の誕生日プレゼントに購入しました。

    ともかく絵がかわいい!お菓子やおもちゃの書き込みも楽しいですが、各所にある花や木もすてきなんです。(庭にバラが!)

    子供たちの好みをわかっていて、お料理上手なおかあさん。うらやましい!
    そして、ちゃんとお礼を言えるピヨピヨたちもかわいいのです。

    息子はスーパーマーケットもクリスマスもゆうえんちも、ペンギンきょうだいも大好きだったため、もちろんこちらも開けたとたんに何度も何度も読みました。

    読み聞かせの際には、ケーキ屋のシーンで「どれがいい?」「これ!(ショートケーキ)」「あむあむ(食べるまね)」のやりとりをするのが定番になり、ケーキを前にして歌をうたい、吹き消すところもいっしょにやるようになりました。

    表紙右下のぜんまいを、息子はクリスマスにもらったきしゃぽっぽだと主張しているのですが、どうなのかな?

    お誕生日に読むのによいと思いますが、メニューも再現するとなると大変ですね。。。

    投稿日:2014/05/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • だいすきです、ピヨピヨ。

    娘が1歳6か月のときに読みました。
    まだまだ早いかなあと思いつつ読んでいたのですが、この時期のお気に入りナンバーワン!寝る前の絵本タイムになると、毎日のように自分で本棚からこの本を抜き取り、抱きしめて布団にもぐっていました。

    「ハッピーバースデー」のあと、フーッとろうそくの火を消そうとするピヨピヨの愛らしいこと。私は娘の寝顔を見ながら「君も頑張って大きくおなり」なんて思ったものです。

    夫は娘に「じぶんで えらびたかったのに…」のあたり、かなりしみったれた声で読んでいました(笑)さらに、ピヨピヨを気に入ったらしい夫は段ボール箱の周りにピヨピヨたちの絵を書いて娘を中に入れ、ピヨピヨ列車を製作。家の中をひきずって駆け巡っていました。が、よく見るとピヨピヨたちが1匹多い!夫よ、6匹じゃなく5匹だよ…。

    そんなこんなで娘は1歳9か月になる今もピヨピヨシリーズ大好きです。
    家族の中でピヨピヨ旋風が巻き起こってます!

    投稿日:2014/04/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかなか先に進めない!?

    7歳の娘と一緒に読みました。

    のっけから、誘惑たっぷりケーキ屋さん!
    文句なしに美味しそ〜☆どれにしようかまよっちゃうっ。
    続いて続いて、おもちゃ屋さん!
    カワイイ・タノシイ♪隅々まで、見落としてなるものかっ。

    …という訳で、なかなか先に進ませてもらえませんでした(笑)
    そりゃそうです。大人だって、何度も見たくなる楽しさ!

    その上、ハッピーバースデイ☆
    このことば、聞くだけで、とってもウキウキしてきます♪
    うたとロウソク、そしてプレゼント!!
    5羽に1つのプレゼントだったので、(あら、おトク…)と思ってしまいました(笑)

    投稿日:2014/04/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ケーキのプレート5等分!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    わたしにとって(親にとって)なんとも
    刺激をうける絵本でした。
    お誕生日という日を夫婦で愛情たっぷりに
    迎える様子に
    そのたくさんの愛情を十分に感じ、
    おおきくなろうとするピヨピヨ達。

    包まれて包まれて大きく飛躍するそんな予感を
    おおいに感じさせてくれる素敵な絵本でした。

    ケーキもプレゼントもこれがほしいと子供の意見重視に
    なりがちな我が家にはお父さんとお母さんが
    主導でよく考え満たしてあげる様子尊敬に似た感じになりました。
    さらに欲しがってた
    どんぶりプリンをつくってくれるあたりがおかあさんの優しさがあふれてます。

    そしてケーキのプレートがいつもけんかになるんですよね。
    かわいくきっちり5等分されている様子に笑いがこぼれました。

    投稿日:2014/04/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • よろこんでもらえました。

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    お友達の娘さんに誕生日のプレゼントとして送りました。気に入ってくれるか、ちょっぴり心配でしたが、そんな気持ちはすぐに消えました。
    それは一枚のブルーレイ。
    娘さんが、ママに何度も「読んで読んで!」ってせがんでいるところを撮影して送ってくれたのです。
    たくさんのケーキがならんでいるページで、「どのケーキがいい?」って親子でたずねあったり、おもちゃ屋さんのページでは、おもちゃがどこにあるのかをあてっこしあったり。。。とってもほのぼのした親子のやりとりが、この一冊を通して行われていて、私はもう感動しきりでした!

    喜んでもらえて、ほんとによかった。工藤さんに感謝です!

    投稿日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • にわとりがプリン

    • SSAYさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    お誕生日ごっこ(?)が大好きな娘。
    毎日ハッピーバースデイを歌いながら、誰かの誕生日を祝っています。
    そんな娘にこの絵本を読んだら大のお気に入り。続けて何度読んだことか…。

    誕生日のお祝いの場面だけでなく、大好きなプリンを買ってもらえなかったヒヨコちゃん達の残念そうな場面でも娘は声を出して笑います。

    にわとりが卵をたっぷり使ったプリンが好きなんて!
    と、思わず突っ込みたくなります。

    絵の細かいところまで見ていると、見るたびに新しい発見があり、間違いなく大人も楽しめます。
    洋菓子店での予約のメモだったり
    ケーキに火をつけるマッチはお父さんの会社の隣の喫茶店のものかな?と想像できたり。

    親子で大好きな絵本です。

    投稿日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昭和チックなところが素敵

    親子して大好きなピヨピヨシリーズの最新作。

    やっと手元に来ました。
    ドキドキしながら開いてみると先ずはケーキ屋さんで
    沢山のお菓子、ケーキ等々で目を見張る我が子。
    ひとつひとつのお菓子に感想を述べひとしきり話す
    我が家の定番の読み進み。
    そして、お父さんが子供たちの為に立ち寄るおもちゃ屋さんで
    興奮したのは何を隠そうこの母でした。

    ケーキ屋さんのたたずまいからして昭和チックな香りを
    勝手に感じていたのですが、おもちゃ屋さんに陳列されている
    おもちゃ達はまさに自分が子供の頃遊んだ、欲しかったおもちゃ達
    ではありませんか!!! 子供がビックリするほど喜んでしまいました。

    そしてお買い物から帰ったピヨピヨ達を待っていた
    ママの愛情。お父さんからの心のこもったプレゼント。
    本当にいつ読んでも微笑ましい家族の姿にうっとりしてしまいます。

    みんな仲良く元気で大きくなってね。

    投稿日:2012/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誕生日が最高に嬉しかった子どもの頃

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    自分たちでケーキを選びたかったピヨピヨちゃんたち。プリンが良かったのにとスネてましたが、さすがお母さん!どんぶりで作ったどんぶりプリンとは、分かってますね。これは嬉しい!
    ケーキの上にあったおたんじょうびおめでとうのチョコをちゃんと等分して分けてるところは、細かくて描かれているなぁと思いました。
    お父さんお母さんありがとう!ぼくたちぐんぐん大きくなろう!だなんて、素直な良い子たちだなぁと、思わず成長を喜ぶ親の気分になりました。
    純粋に誕生日が最高に嬉しかった子どもの頃を思い出しました。

    投稿日:2019/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねこのはなびや / きょうのごはん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット