ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

えんまとおっかさんふつうだと思う みんなの声

えんまとおっかさん 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784265069590
評価スコア 4.35
評価ランキング 11,087
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母をおもうえんま様!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    おかあさんに似ている気がするおばあさん。そのおばあさんをどうにかして助けようとするえんま様がいいですね。部下のみなさんも。地獄ってけっこう平和だったり?
    なんだかんだで、ね…お話のラストの絵が好きです。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悩むえんまさん

     表紙のえんまさん、迫力があります。こんなに、こわいえんまさんでも。おかあさんが恋しいんですね。
     
     えんまさんが、おっかさんだと「おもいこんだ」おばあさん。見た目も話すこともすごい、どんどん自分を悪くいってしまいます。
     なやむえんまさんが、気の毒なような、おかしいような、、、。あみださまも、ユーモラスだなと思いました。

     最後のページ、地獄からもどったおばあさんに、笑ってしまいました。すごい「おっかさん」ですね
     

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力ある挿絵が魅力

    内田 麟太郎さんと山本孝さんコンビによるシリーズ、
    生き生きした文章と躍動感ある挿絵で、
    我が家では好きなシリーズの1冊となっています♪
    そんなシリーズの1冊ということで、
    少し期待すぎたのかもしれませんが、
    うちの息子にはこの絵本の面白さがわかりづらかったようです。

    おっかさんを恋しがるえんまさん。
    そしてえんまさんのおかっさんにそっくりなおばあさん。
    でもこのおばあさんの言っていることが、本当なのかどうか・・・
    息子的にはピンとこないまま終わってしまってようです。

    もう少し大きくなったら再度読んであげようかなあと思いました。

    ただ絵の迫力的な姿は顕在で、その挿絵にはめっちゃ心惹かれていたようです。

    掲載日:2007/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • イメージ

    えんま様といえば小さいお子様でも大人の人でも怖く、厳しく、弱音をはかないでいつも強い!!とイメージがあるなかでこのおはなしはおかあさんを恋しがるえんま様が描かれています。「そんなことあるわけ・・・」と思うかもしれませんが読んでみるのもおもしろいですよ!

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット