くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」 パパの声

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで― 作:ルイーズ・ボーデン
絵:ニキ・ダリー
訳:ふなとよし子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784834026672
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,057
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命がけのスケートの旅

    オランダも第二次世界大戦では被害国としての歴史があるのですね。
    ドイツ軍に占領されたオランダでの、レジスタンス。
    イギリスと秘密で通信していたヨハンナの父親がドイツ兵に連れ去られ、危険を感じたヨハンナと弟をベルギーまで送り届ける。
    10歳のピートがおじいさんから託された役割でした。
    凍った運河をスケートで滑り続ける子どもだけの旅。
    途中でドイツ兵の検問を受け、あるところでは橋の下に隠れ、他には隠れる場所もない大冒険。
    実話を基にしたお話なのでしょうね。
    それだから、このスリル感は命がけだし、スピード感は必死さを込めています。
    運河を200キロも滑るスケートレースにあこがれを持ち、親がスケート造りを仕事にしていたからでしょうか。
    ピートでなくてはできなかった偉業だと思います。
    戦争の影と死と隣り合わせの生活。
    後書きを読んで、ヨハンナの父親は帰らなかったことを知って、改めて、ピートがなしえたことがどれだけのことだったか、ドイツ兵に止められたときに自分を見失わなかったピートの強さがいかなるものだったか、考えさせられました。

    あまり身近に感じられない話だけに、子どもたちとじっくりと受け止めたいお話でした。

    投稿日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    3

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット