なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ぼくたちの いえは どこ?」 パパの声

ぼくたちの いえは どこ? 作:アレクシス・ディーコン
絵:ヴィヴィアン・シュワルツ
訳:木坂 涼
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年01月31日
ISBN:9784198633325
評価スコア 4.13
評価ランキング 21,822
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冒険が楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2011年のイギリスの作品。
    主人公は、7匹の動物。
    ハムスターかモルモットのような生き物です。
    それが、穴の中で眠っていたのですが、だんだん大きくなって、穴からはみ出してしまいます。
    その穴の家は、スプリングベッド。
    辺りを見回すと、そこは廃棄物処理場のようです。
    7匹の仲間は、家探しに出かけるのですが、暗いのが好きらしく、それぞれが頭に何かを被って行動します。
    なので、付近の様子が良く分からないという設定が◎。
    海だと思ったり、地の果てだと思ったり、砂漠だと思ったりと、その意外性が実に楽しいものです。

    仲間を犬から助けるのに、みんなで力を合わせるまでは良かったのですが、最後のオチは、一寸飛躍し過ぎな感があります。
    結局、穴というキーワードには忠実だったものの、それって、最初の設定から外れているからです。
    「井の中蛙、大海を知らず」ということを表現したかったのか?分かりかねますが、あまりにも意外なエンディングでした。

    途中までの展開は、とても良かったので、一寸残念です。

    投稿日:2012/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット