そして、ぼくの旅はつづく」 みんなの声

そして、ぼくの旅はつづく 作:サイモン・フレンチ
絵:小林 万希子
訳:野の 水生
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784834022292
評価スコア 4
評価ランキング 28,324
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  エメラルドグリーン色の美しい表紙、男の子がバイオリンを一心に弾く様子が描かれています。男の子の名前はアリ。11才。物語はアリの語りで進行します。

     早くに父を亡くしたアリは母さんとおじいちゃんと暮らしていました。アリは、おじいちゃんからバイオリンを習い、「才能がある」と言われます。母さんはアリを連れてよく長期の旅に出ていました。そして、それがきっかけで、ドイツからオーストラリアに移り住むことになります。そこで母さんは再婚し、再婚相手と音楽カフェを始めました。

     大好きなおじいちゃんと別れて暮らす寂しさ、父さんのことを知らない寂しさ、バイオリンの才能があるが故の悩み、バイオリンを弾く楽しさ、周りの人の優しさ、温かさ・・。そんな色々なことを感じつつ成長するアリの暮らしが描かれています。

     そして、母さん、再婚相手のジェイミー、おじいちゃん、バイオリンのリー先生、たまたま知り合った金曜日の少年など、登場している人々がみな、それぞれ自分自身の人生を歩んでいることも丁寧に描かれています。読むことによって、子どもの心の内面の深さや、様々な魅力的な人々の人生にふれることができます。

     物語が始まる前の献辞に「前途有為のヴァイオリニスト、ヨハネスに〜、<カフェ・ドンドン>のすてきな料理、おいしい音楽、よき思い出に〜」とあります。きっとモデルがいるのでしょう。アリとヨハネス、二人の少年の未来に幸あれ!

    投稿日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット