宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねないこせかいチャンピオン」 じいじ・ばあばの声

ねないこせかいチャンピオン 作:ショーン・テイラー
絵:ジミー・リャオ
訳:木坂 涼
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784790252412
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,430
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ステラちゃんがなかなか眠れないと思っていたら、ステラちゃんは、3匹のぬいぐるみの寝かしつけを頑張っているのですね。寝かしつける工夫をして、枕を揺らせて船にして遊んでいたら一番最初に寝たのが、さくらんぼブーちゃんが寝てくれました。海の中が綺麗でうっとり。今度は、靴箱で、いなずまネズミが眠ってくれました。最後は、籠に入れて気球でチョキガエルも眠ってしまいました。ステラちゃんの寝かしつけが上手いので参考にしたいと思いました。絵も綺麗です。

    投稿日:2019/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルがいいですね!!

    ねないこ せかいチャンピオンって
    いったい誰のことなのかなぁ。。
    たぶん なかなか寝付いてくれないお子さんのために、
    親御さんが読み聞かせる絵本なのかしら。。と思って
    読んでみました。
    外国の作家さんらしい色使いとストーリーで
    鮮やかな印象を受けました。
    女の子がぬいぐるみをねかしつける、
    そのぬいぐるみたちの個性や特徴がおもしろいです。
    女の子ステラちゃんが次々考えるやり方もいいですね。
    日本語訳、ストーリーの文章と
    詩のような言葉づかいが読んでいるうちに
    とてもなじんでくるような気がします。
    私はひとりで楽しみましたが
    ぜひ お子さんの寝る前の絵本にいかがですか?と
    オススメしたくなりました。

    投稿日:2016/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット