サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

ようちえんいやや」 その他の方の声

ようちえんいやや 作・絵:長谷川 義史
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784494007585
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,243
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どの子も一緒

    3〜5歳児に読みました「ようちえんいやや〜」と大泣きする子どもたち
    でもそれぞれ理由があるわけです・・・・
    そんな子供らしい視点で描かれた絵本に子どもたちは、口をあんぐりあけたまま、見ています
    「いちごがすきなのに・・・ももぐみ・・・」これには実際にももぐみの子どもが笑ってました
    でも本当の理由は・・・・どの子どもも一緒なんだな〜
    さすがに5歳児は「おかしいな〜」と言葉では言っていますが、本音が見え隠れするお話に興味があるようです

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気持ちに気づけるかな

    この四月から幼稚園に行った子供たち この絵本の子供とよく似た理由で「ようちえんいやや」と泣いているのかも
    大人から見たら 何でもないことが、こどもにしたら いやなんですね
    大人は分からないから 何で泣くのかな〜と思って ニコニコしているこのように行ってほしいと普通に考えているのですが  泣いている子の気持ちがこんな理由で 一人一人の思いがみんな違うのだということを学ばされました
    私が保育士だったとき 子供がお母さんを追い求めて泣き叫んでいてもお母さんのお仕事を優先しなければならないから泣いている子を受け入れていました
    我が子も保育園に行くのいややと泣いていました
    うしろがみ引かれる思いでした。 親もね
    子供の気持ち 親の気持ち いろいろあるな〜

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 旅する風
    旅する風
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    そよ風、海風、天空の風、絵本のなかを風がふきぬける…。新宮晋のポップアップ絵本。


温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば

全ページためしよみ
年齢別絵本セット