かっこからんこからりんこん」 ママの声

かっこからんこからりんこん 文:川崎 大治
絵:遠藤 てるよ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1991年05月
ISBN:9784494004171
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,352
みんなの声 総数 4
「かっこからんこからりんこん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 月明かりの舞台がサイコーでした。

    昔話にありそうな感じの創作です(再話とか、書かれていないので)。
    遠藤てるよさんの描く主人公の女の子の、「なんか、こわいっ!」感が、おはなしの雰囲気にすごくあっていて、よかったです。
    下駄たちが踊っている姿も、もう、なんとも言えない不気味さが面白かったです。
    月明かりの舞台がサイコーでした。
    子どもが「こわい」と感じる絵本はなかなか少ないので、今度ぜひ、子どもたちに読んでみたいです。
    5,6歳くらいから小学校中学年くらいまで楽しめそうです。

    投稿日:2019/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。


『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット