くすのきだんちのコンサート」 パパの声

くすのきだんちのコンサート 著:武鹿 悦子
絵:末崎 茂樹
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784564018428
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,248
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 渡り鳥の合唱団の正装がGood

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    くすのきだんちシリーズの第4弾。
    このシリーズが良いのは、その舞台設定。
    大きなくすのきが10階建ての団地となっているのですが、子供の頃、秘密基地に憧れ、木に住めたら良いなと想像をしたことがあります。
    そんな子供の夢を満たしてくれる設定が◎です。

    物語は、嵐の日に渡り鳥の合唱団が嵐を避けてやってくるシーンで始まります。
    住人達は暖かく向かい入れるのですが、そのほのぼのとしたやり取りは心に響くものでしょう。

    今回何より良いのは、渡り鳥の合唱団の姿形。
    とくに、男女が正装した姿は、余りに似合っているので笑ってしまいました。
    絵は、お子さんのお好みのテイストで、程よくデフォルメされており、安心して読み聞かせ出来る作品です。

    投稿日:2012/01/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • みんなで大合唱

    あらしの夜に飛び込んできた渡り鳥の音楽家たちを、気持ちよく迎え入れるくすのきだんちの住人たち。
    心暖まるお話です。
    お礼にと渡り鳥の開いたコンサートに、だんちのみんなも参加して、とても仲のいい仲間たちを感じました。

    投稿日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット