ロングセラー
バムとケロのカレンダー2024

バムとケロのカレンダー2024(文溪堂)

2024年も毎日バムとケロと一緒!

  • かわいい

いつまでも ずっと自信を持っておすすめしたい みんなの声

いつまでも ずっと 文:アン・ストット
絵:マット・フェラン
訳:のざかえつこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2012年01月31日
ISBN:9784265850198
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,747
みんなの声 総数 3
「いつまでも ずっと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大事だよと伝えたい

    表紙の穏やかな色合いのイラストに惹かれ、手に取りました。
    ひとりでは何もできなかった男の子が、
    紐のついたくつもひとりではけるようになり、
    シャワーもさっと浴びちゃうし、
    お母さんより遅くに寝ることもある。
    男の子が、6年生になった息子と重なって、キュンとなってしまいました。
    まだまだ幼いと思っている息子も、随分と大きくなったんだなぁと。
    この絵本を読んで、子どもたちに「いつまでもずっと」大事だよと伝えたいなと思いました。

    投稿日:2021/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい言葉です。

    「いつまでもずっと」。
    この題名が心にきました。
    乳児期は四六時中ずっと一緒だった子供。
    やがて幼稚園、小学校と、親から少しずつ離れていく。
    きっと中学生高校生になったら、親より友達!となっていくかも知れない(それが健全な成長の証なのでしょうけれど)。
    でも子供の成長って嬉しい反面、一抹の寂しさも。。。
    でも、いつになってもあなたの親であることは変わりない、
    いつまでもずっと。
    子を持つすべての親に、そしてかつて子供だったすべての人に、原点に帰れる絵本に思いました。

    投稿日:2019/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親としての愛情

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1〜3歳児の親子のお話で紹介してました
    赤ちゃんだった子どもが、少しずつ何でも自分できるようになることは喜びでもあり、寂しさでもある・・・
    そんな微妙な母親の感情が子供のある言葉で、ふっと膨らんでくるのです
    子供がどんなに大きくなろうと親としての愛情は変わりません
    それは年老いても尚です
    自由間に何人かのママたちが見ていましたが、子供が幼稚園に入園する頃に読むと良いかもしれませんね

    投稿日:2012/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


11月17日(金)から放送!「金ローで見たいディズニー長編アニメ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット