クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

ちょうつがい きいきいふつうだと思う みんなの声

ちょうつがい きいきい 作:加門 七海
絵:軽部武宏
編:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年03月15日
ISBN:9784265079551
評価スコア 3.74
評価ランキング 36,993
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現実からかけ離れた物語ですが、緊張感の走る絵本です。
    ちょうつがいから始まって、危険妄想がどんどん拡がっていきます。
    軽く流せればいいけれど、心に隙間を持っていたら、引き込まれてしまうかもしれない。
    これって案じではないですよね。

    投稿日:2016/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いです、絵もストーリーも。
    びっくりするようなラストもなければ、胸をなでおろすような救いもありません。ただただ同じパターンの繰り返しで、おばけも周囲の様子もだんだんと怖く、グロテスクになってきます。
    見方によっては主人公の精神が段々と崩壊していっているかのようにも見えます。
    こどもが一体どういう風にこのお話を捉えるのかわかりませんが、うちの子は気に入ったらしく何度も読んでいます。
    好き嫌いは分かれると思いますが、怖いお話しが好きなお子さんにはいいかもしれません。

    投稿日:2015/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本気でこわい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    しまった!
    本当にこわい絵本です。

    ちょうつがい きいきい という何とも不思議なタイトルに
    ひかれて読んでみましたが
    とんでもないとても本気な怖さなのです。

    いろんなところで聞こえる きいきい という音に
    さまざまなおばけ見たいのがいるのですが
    ブランコに乗っている女の子も
    乳母車の親子もとにかく怖すぎます。

    こわいのなんてへっちゃらっていう高学年の子には
    いいかもしれません。
    小学一年生の息子にはまだ早そうです。
    たぶんビビりまくってしまいます

    投稿日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット