話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

黒ネコジェニーのおはなし(3) ジェニーときょうだい」 みんなの声

黒ネコジェニーのおはなし(3) ジェニーときょうだい 作:エスター・アベリル
絵:エスター・アベリル
共訳:松岡 享子 張替 惠子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,320
発行日:2012年02月20日
ISBN:9784834026726
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,435
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3作セットですすめたいシリーズ。

    「黒ネコジェニーのおはなし」,どうせなら3冊読みたいですね!
    1作目2作目3作目とジェニーの成長が感じられます。
    我が家はシリーズ本が好きなので,小学校2年生の娘の一人読みにすすめてみたいと思っています。
    一人っ子の我が子ですが,本からまた自分とは違った環境の気持ちを味わうのも本の醍醐味ですので。

    投稿日:2018/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつでも読めるように。

    1巻、2巻、3巻と読み終わりました。
    その間、赤いマフラーを巻いた黒ネコのジェニーは、すてきな成長をみせてくれました。

    1巻では、自信のなさや自分の心配でいっぱいだったジェニーが、2巻では、友達のために勇気をもち、機転をきかせます。そして、この3巻では、自分の生活に仲間を迎え入れます。

    友達でもあり飼い主でもあるキャプテンティンカーの愛情を一身に受けていたジェニーにとって、分かち合うことに、最初は混乱もありましたが、老船長のあたたかいまなざしの下、見事に乗り越えます。ジェニーの的確な判断力がきらりと光ります!

    すっかり気に入ってしまった私が、「この絵本は買おうか?」と娘に尋ねると、「うん、いつでも見られるように!」との返事がすぐ返ってきました。

    この『黒ネコジェニー』は、何度も読みたくなります。手元においておきたいシリーズです。

    投稿日:2016/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟ができるということ

    『しょうぼうねこ』と、黒ネコジェニーのおはなしシリーズの(1)(2)を読んで、親子でジェニーたちのファンになってしまいました。今回はジェニーに2ひきの兄弟ができるおはなしです。
    「これからは、なんでも3人でわけあうことにしましょう」と言っていたのもつかの間、キャプテンのひざをとられ、ジェニーは頭がカーッとなってしまいます。兄弟にやきもちを妬いてしまうということは、我が家でもよく見られる光景なので、なんだか他人事とは思えません。あたたかく見守るキャプテンの言動がやさしくて感動。自分の普段の態度を反省することとなりました。
    このシリーズは、文章量は多いものの、おはなしが短く分かれているので、小さい子にも読んであげやすいです。小学生なら一人で読めますし、幼稚園生ならばお話をわけて少しずつ読んであげるといいと思います。大人が読んでも十分楽しめますよ。

    投稿日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / とんことり / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット