くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

おやおやじゅくへようこそ」 その他の方の声

おやおやじゅくへようこそ 作:浜田 桂子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年03月
ISBN:9784591128923
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,259
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当にあったらいいのになぁ〜

    おもしろい!!
    今までなかったのでは!?

    「じゅくにはいれるしかく おや」
    『親』の塾です\(◎o◎)/!
    表紙からして
    なんかおかしい

    門をくぐっている
    それぞれの親子の様子も
    よ〜く観察してみてください

    きれいなママ
    「はいよ〜」と返事しているかあちゃん
    真面目そうなお父さん
    自由そうなパパ
    行きたくなさそうなふとっちょパパ
    どうやら同じムラサキ色の洋服ですが
    仲良しじゃなさそうなパパとママ

    この方達がこの塾でどう変身するのか!?

    とにかく素晴らしい先生たちなんです
    だって、最初に
    子育てを褒めて、メダルをくれるんです
    素晴らしい!!

    そしてじかんわりも
    すごいんです
    本来のこどもの姿
    その対応の仕方について
    具体的に描かれています
    変なのもあるのが、またいいんです
    ドリルもあるんですよ
    その答えが、いろいろなんです
    多角的に考えるレッスンだ!!
    これは、すごいぞ〜

    いやぁ〜、たいしたもんだ
    終わりには、親同士も仲良くなっている感じ
    お迎えにこども達とどうなるか!?
    とっても、あたたかい気持ちになります

    本当にこんな塾があれば
    こどもは幸せになりそうな気がします

    立派なかたぶつな育児書より
    この絵本を大人が読んだ方がいいかも(^_^)v

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    2

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット