たんていわんたと あそべんちゃーブック たんていわんたと あそべんちゃーブック
作: むらたももこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
この本でしか楽しめない、へんてこなゲームがたっぷり!飽きずに長く楽しめる知育系ゲームブック新定番!

ばすくんふつうだと思う みんなの声

ばすくん 作:みゆきりか
絵:なかや みわ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784097262794
評価スコア 4.31
評価ランキング 14,241
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいそうな・・・

    毎日みんなの笑顔のために頑張っている ばすくんですが、
    古くなったのを理由に、山に移され、さらに故障して山奥に捨てられてしまう。。。
    なんとも悲しいお話でした。お話を聞いている息子がどんどん険しく悲しい顔になっていくので、はやくハッピーな展開にならないか、ハラハラしました。
    最後の最後のページで山の動物たちと仲良く暮らすのですが、、
    それまでがあまりにも悲惨なので、、、もう少し
    ハッピーなページを増やして安心したかったー。

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長い。リアル。

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    乗り物大好きな2歳半の息子に借りてみました。
    読みながら、文章が長いな…と感じてしまったのが率直な感想です。
    この月齢になり最後まで聞いてられる息子に成長を感じました。
    内容は、いいお話の様な現実味のある様な…えー!捨てちゃうの?!とびっくりしました。
    人間社会と被ってちょっとリアル、でも人の役に立てる幸せも感じられてちょっと複雑。

    いい本なのかな。
    お話が長いので寝る前の読み聞かせには避けたいです。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵やことば遊びは楽しいけれど・・・

    のりもの好きの長男のために図書館から借りてきました。
    ばすくんの姿はかわいいし、行き先表示やバス広告の言葉遊びは笑えるし、ウキウキした気分で読み始めたのですが・・・
    あれ、あれ?なんだかお話の雲行きがあやしい。
    古くなったからと山奥のバス会社に売られ、壊れたからといって森へ不法投棄?
    あまりに切なすぎて、読み進めるのが怖くなりました。
    でも、かわいい動物たちの登場で、救われた気分。ばすくんもそうだったんだろうなぁ。
    まだあまり意味の分かっていない2才の息子は、かわいいバスや動物の絵をにこにこしながら見ておりますが、読んでいる私はちょっと微妙な心持ちに。もう少し大きくなってからまた読んであげようという気持ちには、正直なれませんでした。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなしすぎる

    バスに乗るのが大好きな3歳の娘は、この絵本を図書館で見つけて一目で気に入り借りました。
    かわいらしい絵なので、楽しいお話なんだろうなぁとワクワクしながら絵本を読みすすめていったのですが、、、
    なんとも悲しいお話。
    感情をこめて読みすぎて、私のほうがウルっと涙を流しそうになりました。感動の涙だったらいいんですけど、ばすくんがかわいそうで。

    簡単に言えば、物を大切にしましょうってことが言いたいんだと思うのですが、いまどき、不法投棄って!となんだか違和感を感じました。
    最後はハッピーエンドになっていますが、本当に幸せなの?ばすくん。と思うのは私だけでしょうか。

    絵はとてもかわいらしく、バスに付いてる広告や案内表示、ナンバプレートの言葉遊びなど、細かい描写は素晴らしいし、最後の動物たちとばすくんの場面も素敵です。

    娘が大好きなバスと動物が出てきて、絵も素晴らしいからこそ、
    お話が悲しすぎて、残念でした。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • これでいいの?バス君

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    なかやさんのかわいい絵に惹かれて読んでみたのですが、、、

    他の方もかかれてますが、
    サラリーマンの悲哀を感じるようなバス君の処遇から始まります。
    それに対して、ファンタジックな終わり方がアンバランスに思えました。

    絵は幼児向けですが、内容は3・4歳児には難しいかなという気もします。

    バス君ハッピーエンドだったのでしょうか?個人的な希望としては
    シリアスな展開からいったら
    バスとして再生されたお話であってほしかったかなと思います。
    動物じゃなくて子供たちの遊び場になってたら印象も違ったかもしれません。
    ちょっと消化不良でした。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばすくんの行方

    古くなったバスが、新しいバスに今までの仕事を追い越されてしまいます。どんなに自分はまだまだ大丈夫だ、と感じていても、これは仕方のないことですね。子供に「古いバスと新しいバスっだら、どっちにのりたい」と聞いたら「新しいバス」と答えした。

    最後は「不法投棄」で終わったことにびっくりしました。動物たちのすみかになったことも、あまりすっきりしないな、と思ってしまいました。不法投棄のことが気になっていたら、続編ではそれがとりあげられていました。

    お話の内容は、他に似たような絵本を見たことがあるな、と感じました

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔が見られて良かったね

    路線バスのばすくんは、毎日お客さんの笑顔を楽しみに走ります。でもある日、同じ路線を新型バスも走ることになり、お客さんの笑顔を見ることが少なくなってしまいました。
    新しいバス会社へと売られることになってしまったばすくんは、大好きなお客さんの笑顔を再び見ることが出来るのでしょうか?

    ばすくんを擬人化して表現することで、バスの立場からの気持ちが読み手の子供達にも伝わりやすく、立場が変われば気持ちの感じ方も変わるんだよ、と教えることができますね。

    個人的に思ったのは、なぜ ばすくんが山奥のバス会社に売られてしまったのかということ。山道の路線を走るのならば、ばすくんよりずっとパワーのある新型バスの方が良かったのでは?
    人間で例えるなら、理不尽な理由で左遷されてしまったばすくん。絵本なのに、サラリーマンのお話に思えてきたのは、私だけではないと思います。

    頑張って働いたのに、人っ子1人通らないところに置き去りにされてしまったばすくんですが、思いがけず、たくさんの笑顔に触れることとなります。最後はハッピーエンドで良かったね。

    けれど後半のストーリーは、他の絵本のストーリーととても似ていたこともあり、途中から結末がわかってしまい、やっぱりなという感じで終わってしまい、ちょっと残念でした。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット