くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ほしのはな自信を持っておすすめしたい みんなの声

ほしのはな 作:武鹿 悦子
絵:太田 大八
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784494008292
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,162
みんなの声 総数 7
「ほしのはな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親の愛

    このお話は必死に子供を守る親ウサギの姿が描かれていました。子供向けっていうより、大人が読んでも感動するくらいいい絵本でした。子どももお話を通して、親子の絆、愛を感じてくれていたと思いました。涙なしでは読めませんでした。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「自分の命」について考えることができる絵本だと思いました。
    自分を守るために死んでしまった父母。
    子どもにとっては、すごく残酷なことですが、自然界ではたびたび起こることです。
    人間でも、自分の命を盾にして守る機会は幸い減っていますが、子どもを危険から命がけで守りたいという親の気持ちは、動物たちと変わりありません。
    なによりも子どもの命が大事なんだ。子どもを守るのが親の使命なんだという、強いメッセージ性を感じました。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子を守る

    我が子を守る為に、キジに立ち向かっていったうさぎの両親です。

    チャコは、一羽のとびを怖がっていたのに、3匹の母親になると子供を

    守る為に強くなったと感心しました。両親の命と引き換えに、3匹のこ

    うさぎたちが元気に生きていてくれてよかったと思いました。

    「こどもたちを守れてよかったー」「これからも、見守ってらろうね」

    って順送りに子供たちのことばかり考えている両親のことを思うと涙が

    出てきてしまいました。「とうさんとかあさんのお陰で、僕達は今、こ

    こにいる」と感謝するこうさぎたちにも涙だ出てきて切なくてたまりま

    せん。一人前になったので、これからはめいめいにしっかり自分の道を

    歩こうとするこうさぎたちにも涙が出てきてしまって、泣いてばかりの

    絵本でしたが、愛情いっぱいの素敵な絵本でした。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


世界197の国と11の地域を紹介!開いて楽しいイラスト地図

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット