バナナおいしくなーれ バナナおいしくなーれ バナナおいしくなーれの試し読みができます!
作: 矢野 アケミ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
皮を向いたら…!?全ページ立ち読みスタートです

しあわせの ちいさな たまご」 ママの声

しあわせの ちいさな たまご 作:ルース・クラウス
絵:クロケット・ジョンソン
訳:覚 和歌子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784751522790
評価スコア 4.42
評価ランキング 9,091
みんなの声 総数 18
「しあわせの ちいさな たまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 青い鳥!

    青い卵が落ちていて、白い鳥があたためます。

    孵った卵は、青い鳥。白い鳥は飛べなそうだけど、青い鳥は飛べるので、どこかへ行きます。

    きっとまた青い卵を産む連鎖が繰り返されるのかな、、、という余韻で終わります。

    あっさりしているけど、良い本だと思います。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私のほうがジーン

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    たまごとたまごを生んだお母さんの物語ですが、
    なんだか自分と娘のお話のような気がして、
    娘そっちのけで勝手にジーンとしてしまった絵本です。

    たまごを大事に大事にあたためるところは、
    妊娠中に生まれてくるのが楽しみで仕方なかった事を思い出し、

    たまごが孵ってからのところは、
    夜中起きて授乳したりオムツを替えたりの日々を思い出し、

    最後のシーンでは、
    あぁ娘もいつか赤ちゃんを産むのだな、
    と、一人で勝手にジーン。

    なんか、ママとりーちゃんの絵本みたいね。
    と私に言われてしまった娘は、「???」でしたが、
    この絵本はきっと読んでいるお母さんの方が
    感じるところが大きいのではないでしょうか。

    出産前のお母さんにも是非オススメだと思います!

    掲載日:2016/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい絵本

    • 野風さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子2歳

    私は、母としての目線でこの絵本を読みました。
    娘は、ちいさなとりの目線でこの絵本を読みました。

    いずれ娘も、母になり、
    「じぶんでしあわせなたまごをあたためることでしょう」

    ああ、自分もしあわせなたまごだったんだなぁ。
    とほっこりしてぃます。

    1ページ、1ページ、
    ひとつひとつがしあわせなことに気づきます。

    子どもから大人まで、色んな見方の出来る温かい、いい絵本ですよ。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色も線も、言葉も必要な部分だけ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    メインの色に黄色を使い、あとは青と白、それに主線の黒だけで描いています。
    やや小さ目のサイズの絵本ですが、統一感があり、選も絵文字もはっきりしているので、遠目が利きます。
    文章も小ざっぱりと必要なコトバのみが並んでいます。
    魅せたいもの以外を全部そぎ落とされたこの描き方は、小さいお子さんたちにも何を見るのかがわかりやすいので、
    2,3歳くらいの低年齢のお子さんたちからお薦めできそうです。
    それでいて、生命の繰り返しが描かれているので、高学年のお子さんに読んであげても、受け入れられる面白い作品だと思いました。

    掲載日:2012/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵がかえった

    きっと、親にとってじーんと響くお話なのではないかと思います。
    温めていた卵からヒナがかえり、成長し巣立ちます。
    巣立ちの瞬間の親の寂しさや、小鳥の不安な気持ちなど一切描かれていません。
    でも、独り立ちする小鳥が、とてもたのもしく見えました。
    いつか、小鳥も親となる日が来る・・・
    そんなメッセージで締めくくられていることに、静かな感動を覚えました。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで卵が青いの?

    しあわせのたまごの色が青いのが、とっても気になってました。「卵の色は白か茶色だよ!」って。「絵本書いた人間違えたのかな〜?」とも言ってました。「しあわせのたまごだから、きれいな青色なんじゃない!?」って言ったら、納得してました。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵色の表紙

    卵の黄身の色を連想させる表紙の色が気に入ったのでこの絵本を選びました。人の温かさが将来を育てるのだという事を教えてくれる絵本でした。そして、人から優しくしてもらったら自分も他の人に優しくしようと自然と思えるものなのだと再認識できました。この絵本の主人公のように優しさがどんどん波及していけばきっと素敵な未来になるのだろうと思いました。とても幸せな気分になれる絵本でした。娘は主人公の色が気に入った様子でした。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の方が幸せを感じられるかも

    短いお話ですので、子どもの反応は「なんだこれだけ」というものでした。

    大人の私は、卵が鳥に温めてもらい庇護されている幸せ、見守られる幸せを感じました。

    卵からかえれば、歌を歌ったり、飛べたりと、自立できる幸せ。自由にどこへでも行ける幸せを感じます。

    大人になれば、子どもを慈しむ幸せを感じるだろうし。文章は短いですが、読む人ごとに、いろいろな幸せが感じられるのではないかと思います。

    どちらかというと、人生経験のある大人の方が、よりいろいろな幸せを本から感じられる気がしました。

    掲載日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せになれる絵本です。

    赤ちゃんが生まれて、大きくなって、自分の赤ちゃんを産んで・・・といった当たり前の、だけどとても幸せな「人生」がシンプルに、簡潔に描かれていました。
    この絵本を読んだ子供たちは、今は小さい自分も、やがて大人になり、子供が出来て・・・と自分に重ねて将来が楽しい物に感じられると思います。
    新婚さんへの贈り物にもいいかも知れません。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる話

    ちいさな何もできない卵が鳥に暖められて花に見守られながらふかして、立派な鳥になって飛んでいくお話です。

    なにもできない赤ちゃんがみんなに支えられて大人になっていくのと同じだとおもいました。
    妊娠中から読んでも幸せな気分になりそうです。

    赤ちゃんにも黄色と水色とはっきりした色遣いなので
    わかりやすいと思いました。

    長く使える絵本だと思います。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット