話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

月夜のオーケストラ自信を持っておすすめしたい みんなの声

月夜のオーケストラ 作・絵:イエンス・ラスムス
訳:斉藤 洋
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784097272120
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,074
みんなの声 総数 17
「月夜のオーケストラ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 読み方が面白い絵本

    表紙をよくみてください!
    なんかちょっとほかの絵本と違うの分かります?!

    うちの息子はそれに気づいて、めっちゃびっくり!!
    なんでぇ〜とそこからお話の世界に一気に突入でした。

    なんでそうなのかは読み進めていくとわかるのですが、
    この仕掛けが楽しいですね。

    逆さにみると、世界はこんなふうになっているのかしらという気分になります。

    内容も夜の冒険といった感じなので、女の子が主人公ですが、
    息子は気に入っていたようでした。
    なにより、飛行機やヘリコプターとかではなく、ボートをこぐという演出が、お話にすごくあっている感じがしました。

    ちょうど今日は中秋の名月。
    息子も月に行きたくなったのか、逆立ちに何度も挑戦していました。
    本当にお迎えがくると思っていたのかしら?!
    なんて、子供の行動についつい笑ってしまった絵本でもあります。
    作者もたぶん、こんなふうだったらいいなあと思っていたのでしょうね。

    投稿日:2007/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誰もが行ってみたくなる月夜の冒険

    逆立ちをしたら、天井に落っこちた――その発想が面白いなと思いました。
    絵本をさかさまにして読むのは、かがくいひろしさんの『まくらのせんにん そこのあなたの巻』でも経験済みでしたが、こちらの方がひっくり返す頻度が多い!
    絵本をくるくる回しながら読むところは、傍から見ると不思議な光景だろうなと自分の姿を思い浮かべておかしくなりました。
    絵本をたびたびひっくり返しながら読むなんて、せわしなくてお話に集中できないんじゃないかと思うかもしれませんが、心配ご無用。
    神秘的な絵と風変わりなキャラクター達のおかげで、どんどんお話に引き込まれていきます。
    さかさまの世界に浮かぶ大きくて丸い月の、なんとも綺麗なこと!
    アンナのように冒険できたら、楽しいだろうなぁ。
    次の月夜のオーケストラにも誘ってもらえるなんて、うらやましくなりました。

    投稿日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い絵本の作りです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    斉藤洋さんが邦訳をされていたので、思わず図書館で目に留まって、借りてきてしまいました。
    作者はドイツの方でした。
    表紙の湖に浮いているような、空を飛んでいるような絵も、幻想的で素敵でした。

    1ページ1ページ本当によく考えているなぁ。
    想像力をフル回転させて作ってるのかなぁ〜と、ワクワクしながらページをめくりました。
    この作品は開いた時、片側にカラフルな色付けをした絵だけのページ、もう片側に物語が書かれた文と色付けしていないペンで描いたイラストが載っています。

    文字の配列(というんでしょうか、こういう場合も?)も、絵そのものも遊び心満載で楽しかったです。
    小学校の高学年以上のお子さんたちにお薦めします。
    特に、絵の勉強をしたい人や、幻想的な世界が好きな人にはお薦めです。

    投稿日:2012/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 太古から、洋の東西を問わず、月ってものを見ては人々はミステリーを覚えてきました。それに、(実は私は逆立ちはできませんが…)逆立ちすると、世の中が違って見えるような感覚がドッキングして誕生したような、他にない絵本です。
    月夜、アンナのところにやってきた不思議な生物(音楽家)を乗せた船。月の世界で繰り広げられる演奏会。月の竜というのが髪にカーラーを巻いてスリッパをはいたおばさんっぽく描かれているのも、なんともユーモラスです。
    娘は、
     私のところにも船が来ないかな…きみのなまえは?そりゃあいいなまえだね。きみはなにか楽器ができるかい?…って聞かれたら「私はピアノを弾くわ」って答える!
     と言っています。
    この不思議な世界を楽しんだようです。

    投稿日:2012/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月の魅力

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    絵本を読んでいる途中で、こんなふうに本をグルグルと持ち替えたこと、今までありませんでした。

    眠れない夜に女の子アンナが体験する不思議な世界のお話です。

    月はそれだけで不思議な魅力を持っています。
    月はどんなとこだろうと、子供なら様々な想像力をはたらかせることでしょう。
    日本だとうさぎが餅をついている姿に見立てたりするので、子供の頃はうさぎがいると思っていた人も多かったと思います。
    このお話では月夜のオーケストラが行われ、アンナは踊り、楽しみます。

    この絵本を読んたあと、ぼんやり月を眺めて、そこでどんなことが行われているのか想像すると、きっと楽しいと思います。

    投稿日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月夜のオーケストラ
    タイトルがロマンチックなんですよね。

    どこの家でも 早く寝なさい!と大人はいいます。

    あら 逆立ちしちゃった
    ボートにのってやって来た なんともおもしろい 動物?たち?

    あら あら 本が逆さになっちゃった。

    あらまちがって 反対のページ開けてしまった。
    月が近づいてなんて ロマンチック
    逆立ちしている  なんだか かわいくて 笑ってしまいますよね。

    みんなで オーケストラの演奏するんだって なんて ステキ!
    こんな オーケストラの音楽を 是非 聞いてみたくなりますよね。

    ココ夫人のピアノふんずけているの。
    おもしろい!

    月の竜もなんかおもしろくて 頭を カラーで巻き付けているんだよ。
    憎めないよね
    おとぼけの 月の竜
    なんて素直なの、アンナに スリッパを耳につっこんだらて言われて、逃げていくなんて・・・・

    オーケストラの演奏に疲れて眠っている みんなの表情が かわいいの。

    やっぱり アンナは お家に帰りたい。
    パパとママが 仲良くねているね、
    大人の世界の現実   
     子供の世界の なんと夢のあること 

    でも・・・やっぱり アンナは パパとママのいるお家が良いのね。
    ベットで眠っている 安心した様子。

    おやすみなさい  

    ベットのそばにいる 動物たちが 見守っているようでいいなあ〜

    投稿日:2008/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味満点!

    アンコールのこたえて、またまた読み聞かせしてきました♪

    まず、表紙の絵に子どもたちが食いついてきます!
    お話しの主人公達もゆったりと時間をかけながら進んでいく船に乗ってるところも
    月夜の晩の不思議なお話にぴったりですよね!

    主人公のアンナは女の子ですが、うすぐら〜い夜の世界に飛び込む所なんて勇敢で
    大冒険への期待も高まります。

    子どもたちが時に気に入ったのは、この絵本の題1のパフォーマンスともいうのでしょうか
    絵本を反対にするところ!1度では終わらない、このパフォーマンスに
    「お〜、今度はこうなったか〜」
    「わぁ〜、雲がこんなに近くに!!」
    歓声が上がります!
    このパフォーマンスが月までのなが〜い距離を示すのと同時に長旅を退屈させない様な
    構成になってて、読み手も楽しい♪
    月夜の晩の素敵な演奏も聞こえてきそうだよね〜

    今回2度目の出番となったこの絵本ですが、またまたアンコールがかかりそう!

    投稿日:2007/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファニーファンタジー

    おもしろい趣向で、ふわふわすとんと出てくるたびに何度も逆さむけにして読むのですが、これが大好評。
    私は、なぜこれで後ろへページを繰り間違えたりしないのか不思議でした。ちゃんと前へ進むんですよねぇ。
    本当これだけのことなんだけど、異世界を満喫できますよ。
    あっという間にファンタジー世界へ。なんともミラクル、月夜にばかされた気分です。

    なんだかわからないこの手の登場人物は、遊び心満載で、子どもにたくさんの想像の余地を残しながら夜明けに去っていきます。
    満月の夜に逆立ちすればまた会えそうな余韻を残してくれます。
    ファンタジー好きな大人……私も楽しみました。

    投稿日:2007/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 公認

    絵本を読み聞かせするとき、たとえば、電車がガタゴト〜みたいなもので、絵本をゆらしてみせたりすることがあります。喜ぶ子もいるのですが、「動かさないでっ!見えないじゃないっ!」と怒られたこともあります(笑)
    素人の安易な演出は、聞き手の厳しい〜目に審判されますね。
    この本は、「ひっくり返して読むこと」が公認!
    満月の夜の、あの何とも言えない神秘的な空気が、素晴らしい色合いで描かれ、不思議な出来事、奇妙な登場人物が、しっくりと馴染んでいます。
    こんなふうだったらおもしろいだろうなあ、という発想に、作者が丁寧に取り組んでいるのが魅力的です。

    投稿日:2007/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの特権?!

    四年の朝読書に読みました。
    本を何回もひっくり返す所は、とっても興味深そうでした。
    夜にこんな事ができるのは、子供だけの特権でしょうか?
    大人になっちゃった私としては、本当にうらやましい〜!!!
    さかさになってボートに乗って月に向かっていく…なんて素敵!
    絶対に読んであげてって叫びたいくらいです。
    字が多いので小さい子には、ちょっと難しいかな。
    図書館で見つけた時は感動物でした!

    投稿日:2007/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / うんちしたのはだれよ! / じゃあじゃあびりびり / おばけのバーバパパ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット