話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ

おかあちゃんが つくったるふつうだと思う みんなの声

おかあちゃんが つくったる 作:長谷川 義史
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年04月26日
ISBN:9784061325043
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,888
みんなの声 総数 52
「おかあちゃんが つくったる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母の愛

    ミシンでなんでも作ってしまうお母さん。
    ジーパンや体操着、鞄をミシンで作ります。
    大人視点で読むと、お母さんの裏の事情(経済的な理由)で手作りしている面もあると思いますが、子供の為に手作りする母の愛をとても感じました。
    また、子供も、それを着ていく(持っていく)と友達にからかわれると知っていても着ていく(持って行く)ことに、手作りに対する思いを受け取っているのだなと思いました。
    母の心の強さを感じる絵本です。

    投稿日:2018/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「てんごくのおとうちゃん」の続編でした

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    「てんごくのおとうちゃん」の続編でした。
    続編ですが、「てんごくの…」ラストシーンより少し前に時間が戻っているようです。
    「ぼく」は小学3年生。
    たぶん、お父さんが亡くなってそうたっていない頃のお話です。
    お母さんがとっても頑張って生計を立ててくれているのがよくわかりました。
    「ぼく(長谷川義史さん)のお母さん」、少々天然な性格をしてらっしゃいますが、素晴らしいです!

    ただ、このストーリーを絵本で描くというのはどうでしょうか?
    絵本の語りをとるより、エッセイ集とかを描いて、こそに好きなだけイラストの形で絵を描かれた方が、よかったのでは……?と、素人目に思ってしまいました。

    絵はいつも堂を大きくはっきりとしていて遠目も利きます。文字の大きめで全部ひらがなで子どもたちにも読みやすく描かれていますが、
    こういう内容なら大人向け、特にお母さんたち向けではないでしょうか?特に『母親』なら、この「ぼくのお母さん」の強さや愛らしさがよ〜く伝わると思います。

    投稿日:2012/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット