ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ

まんまる おつきさまを おいかけて」 パパの声

まんまる おつきさまを おいかけて 作・絵:ケビン・ヘンクス
訳:小池 昌代
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:2005年10月
ISBN:9784834020854
評価スコア 4.29
評価ランキング 19,203
みんなの声 総数 33
「まんまる おつきさまを おいかけて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ファーストブックにオススメ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2005年度コールデコット賞受賞作品。
    月にまつわる絵本と言えば、マイケル・グレイニエツ「お月さまってどんなあじ」、エリック・カール「パパ、お月さまとって!」、林明子「お月さまこんばんは」あたりが定番。
    世界最高峰の絵本という但し書もあって、期待して読んだのですが、その領域なのか一寸疑問符かなというのが、第一印象です。

    物語は、まんまるお月さまを見上げて、ミルクの入ったお皿と勘違いした子猫が飲もうとして追いかけるもの。
    飛びつこうとしたり、走って追いかけたり、木に上ったりしても届きません。
    果ては、池に映し出されたお月さまめがけて飛び込んだりと、良くある展開です。
    諦めて家に帰ると素敵なご褒美があるというエンディングで、割とすんなりと読める絵本でした。

    追いかけても追いかけても、手の届かないものがあります。
    大人では当たり前の月もその一つであって、そんなことを知るのも大切なこと。
    モノクロの絵は、輪郭がかなり太いものなので、これなら、ファーストブックに近い年齢でもOKな範疇です。
    話として理解できなくても、子猫の表情、動きを見るだけでも、楽しめるので、あかちゃんでも飽きることなく読み聞かせできるでしょう。

    投稿日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー石丸幹二さん

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット