あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

だいじょうぶだよ、ゾウさん」 パパの声

だいじょうぶだよ、ゾウさん 作:ローレンス・ブルギニョン
絵:ヴァレリー・ダール
訳:柳田邦男
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784894234383
評価スコア 4.79
評価ランキング 372
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 切ない自然の法則

    ゾウは、死期を感じると群れを離れ、墓場へ向かうという話を聞いたことがある。
    そして、ゾウの墓場には先に死んだ多くの仲間達の骨があるという。
    動物界の法則なのだろうか。

    この絵本はそんな事をモチーフにしている。
    死期を迎えたら訪ねていくというゾウの森。
    その手前には深い谷を越えていくための吊り橋がかかっている。
    吊り橋から落ちたらどうなるんだろう。
    人間で言うと三途の川を渡りきれずに成仏できないということだろうか。

    この絵本のゾウさんは、吊り橋が壊れているので橋の前で立ち止まります。
    仲良しのネズミさんの言葉で引き返しますが、年をとるということはこういう事なのだろうか、今までのような生活が出来なくなります。
    一生懸命ゾウさんの世話をするネズミさん。
    やがてネズミさんは、ゾウさんにとってあの橋を渡ることが幸せなんだと感じるようになります。

    橋を頑丈に直して、ゾウが吊り橋を渡る手伝いをします。
    死に向かわせるのです。
    そして、ゾウを見送るとホッとして笑顔を見せるのです。
    幼い子どもにも、この展開は象徴的なようです。

    自然の摂理。人は死ぬんだと。
    誰もが吊り橋を渡らなければいけない。
    どうせなら、ちゃんと吊り橋を渡らせてあげよう。
    それがその人のためなんだと。

    柳田邦男さんの翻訳する絵本は奥が深い。
    大人にも考えさせる絵本でした。

    投稿日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    5
  • 死へ向かおうとするゾウさん、それを全く判らないネズミ

    死への旅立ちを自覚するゾウさん、それを判らずに、一生懸命支えるネズミ、全く違う立場の両者が、ひとつの目的に向かって動き出す、非常に悲しいお話でした。涙が止まりませんが、子供にどの部分を強調して伝えようか戸惑います。

    投稿日:2016/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / もこ もこもこ / チリとチリリ / としょかんライオン / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / ぼくはちっともねむくない

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット