しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ママはやくかえってきてなかなかよいと思う みんなの声

ママはやくかえってきて 作:ルイス・バウム
絵:スーザン・バーレイ
訳:佐伯 靖子
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1986年
ISBN:9784577005507
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,600
みんなの声 総数 9
「ママはやくかえってきて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いじらしいアリス

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    アリスはママと二人暮しなんでしょうか。
    ベッドに入ったアリスを残して、ママは買い物へ出かけてしまいます。
    夜に一人でお留守番なんて、きっと不安でしょうね。
    くまちゃんと一緒に快くママを送り出したアリスですが、やっぱりなかなか眠ることができません。
    今頃ママはスーパーかな、そろそろ映画館の前かな、と想像しながら、ベッドを抜け出し、階段を降り・・・。
    淡々とした描写が続きますが、アリスを案じながらも懸命に生活する母の姿、そんな母を気遣いながら寂しさをこらえているアリスのいじらしさが心に響きます。
    アリスに感情移入をして心配そうに聞いていた娘ですが、最後に抱き合う母娘の姿にほっとした表情を見せてくれました。

    投稿日:2010/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな子供の葛藤

    昼間仕事していて忙しいママは、アリスがベッドに入る時間に買い物に出かけます。
    アリスは、そんなママのことがよくわかっているから、ぬいぐるみのくまちゃんを抱いて、言うのです。
    「くまちゃん、さあ、おねんねしましょ。ママはすぐに帰ってくるわ。」
    自分にも、そう言い聞かせて。
    でも、やっぱりママがいないと寂しいんですね。
    もうそろそろスーパーかな、今、どこかなと想像しながら、とうとう起き上がり、部屋の入り口まで行き、そして、階段の上に座って、ママを待つ。
    そして、最後には、待ちきれなくて、階段を降り、家のドアを開け、外に出て座ってママを待ちます。
    自分が小さい頃にも、こういうことがあったなぁ。
    お父さんが入院して、つきそいで病院に行っている母親の帰りを首を長くして待ったものです。
    まだかな、まだかな、って。
    ママのことも気遣い、いい子でお留守番しようとする。でも、やっぱりママがいないと寂しくて寝れない。
    そんなアリスのいじらしい様子がとてもよく描かれた絵本。

    投稿日:2007/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 臨場感が

     アリスのママは、夜遅くにスーパーに買い物に出かけます。

    アリスはぬいぐるみのクマと寝ていなければならないのですが。。。

    シングルマザーなんでしょうか?アリスのママは深夜に買い物に出かけます。

    娘のアリスは、それがとても心配なんですね。自分がさびしいっていうよりも母親が一人で夜道を帰ってくるのが不安なのでしょう。
    「今、映画館の前を通ったかな?」
    「今、バーの前を通ったかな?」
    と思いめぐらせます。

     小さな子供だった頃を思い出しました。
    夕方、車を運転して帰ってくる母が心配で堪りませんでした。救急車のサイレンにもおびえていましたね。

    臨場感があふれる絵本です。これを読んでいる間、童心に帰れました。

    あっさりした腺で描かれた、センスのいい挿絵、色彩のバランスもいいですよ。

    投稿日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の心、娘の心

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    夜遅くアリスをベッドに入れて、ママは買い物に出かけます。
    でも眠れないアリスはクマちゃんを抱きかかえてママを待ちます。
    その頃ママはスーパーで急いで買い物をし、夜道を急いで帰路につきます。
    お仕事が忙しくてやむなく夜買い物をする母を認めつつ、
    寂しさに耐えるアリスの姿がいじらしいです。
    あとがきによると原書は「AFTER DARK」、
    母と娘の情景が淡々と描かれているようです。
    訳出に当たっては、日本との習慣の違いに配慮されたようです。
    スーザン・バーレイの絵がまた、様々の場景を浮かび上がらせて語ってくれます。

    投稿日:2005/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット